研究部

連続トークイベント「子どもの本のひみつ」①開催!

6/17(土)3時~ 豊島区目白図書館にて,

連続トークイベント「子どもの本のひみつ」第一回が開催されました!

ゲストの新藤悦子さんと,陣崎草子さんからは,

子どもの本にかかわるようになった経緯,作品が生まれる過程,「児童文学」をどう考えているか,

などなど,ふしぎで,深く,楽しく,温かいお話をじっくりうかがいました。

今回のトークのエッセンスは,いずれ,フリーペーパーにまとめて,

配布する予定ですので,どうぞよお楽しみに!

また,会報部でも取材してくださいましたので,zb通信などにも報告が載ると思います。

 

帰りがけには,児文協理事の津久井さんに,

目白から池袋周辺の「赤い鳥」関連の史跡を案内していただくという

オプショナル文学散歩も。

 

連続トークイベント,次回は,11/23(祝)に,山梨甲府で開催します。

そして,来年3月には,京都開催も予定しています。

図書館や学校やカフェや本屋さんなどなど,

いろいろなところに出かけて行って,「子どもの本とは」「児童文学とは」を考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2017/06/19

研究部新企画! 連続トークイベント

はじめまして!

昨年秋から発足した,新研究部では,任期2年の間に,

「子どもの本のひみつ」と題して,いろいろな作家さんをお招きして,

今の時代における児童文学の意味を考える連続トークイベントを企画しました!

そして,そのトークのエッセンスは,小さなフリーペーパーにまとめ,

図書館や本屋さんに置いてもらって,より広く発信していこうと思っています。

 

6/17(土)3時~,目白図書館にて,

その第1回を開催します。

今回のトークゲストは,絵本,短歌,児童文学と多彩にご活躍の陣崎草子さんと,

トルコやイランを舞台にした作品で知られる研究部員のひとり新藤悦子さんです。

地下集会室で,ひみつを語るという,なんとも妖しい感じがわくわくしますね。

 

連続トークイベントは,この後,

2017.秋 山梨

2018.春 京都

     初夏 東京

     秋 広島

と,研究部員のいる各地を巡って開催していきます。

 

ぜひ,ふるってご参加ください。

いっしょに,「ひみつ」を探りに出かけましょう♪

(研究部長 奥山)

2017/05/13