講座

絵本と幼年童話の一日講座

   8月より募集開始!

絵本と幼年童話作家をめざすみなさんのための一日講座です。

講師には、人気の絵本『バーバパパ』の翻訳者であり児童文学作家としてご活躍の

山下明生さん、編集者として、また赤ちゃん絵本作家としてご活躍の後路好章さん

をお迎えします。絵本と幼年童話の楽しさの秘密やその違い、むずかしさに

ついて、編集者としても経験豊かなお二人に語っていただきます。

 

   ☆幼年童話の楽しさの秘密 

                 …山下明生 (児童文学作家・翻訳家)

   ☆絵本の創作ノート 

                 …後路好章 (絵本作家・編集者)

 


 

◆日時… 2017年10月22日(日)13:30~16:50 

◆会場… 日本フラワーデザイン専門学校(JR高田馬場駅より徒歩3分)

◆受講料…5000円(協会員・協会講座受講生は4000円)

◆定員… 50名(先着順)

◆申込み方法…氏名・住所・電話番号を添えて下記の講座係宛に受講料を郵便振替にてお送りください。「絵本学校申込み」と明記してください。

日本児童文学者協会講座係 【口座記号番号】00130-2-264147

 


 

◆◇講師プロフィール◇◆

 

山下 明生(やました はるお)

1937年東京に生まれ、少年時代を瀬戸内海の能美島で過ごす。京都大学文学部仏文科卒業後、出版社に勤務。児童書編集の傍ら、児童文学の創作活動を始める。主な著書に『うみのしろうま』(野間児童文芸推奨作品賞/理論社)、『はんぶんちょうだい』(小学館文学賞/小学館)、『カモメの家』(日本児童文学者協会賞/理論社)ほか著書多数。絵本「バーバパパ」や「カロリーヌ」シリーズの翻訳でも知られる。

 

後路 好章(うしろ よしあき)

1940年北海道生れ。北海道大学卒業。学研の学年別学習の編集長をはじめ、あかね書房、アリス館の編集長を歴任。1500冊を超える出版にかかわってきた。現在は、絵本作家としても活躍。主な著書に『絵本から擬音語・擬態語ぷちぷちぽーん』(アリス館)、『あそぶのだいすき、こぶたちゃん』(赤ちゃんとママ社)、『わたしはだあれ?』(角川書店)など。赤ちゃん絵本研究会代表を務める。

2017/07/29
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp