講座

11/30開催 秋の一日講座 子どもたちの心をつかむには? 講演:戸森しるこさん、那須田淳さん 【申込み受付中です!】

2019 年 11 月 30 日(土) 13:00~16:30
日本児童教育専門学校 (JR 山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線)「高田馬場」下車

 

 申込み受付中です!
 

講師からのメッセージ!

 

電子書籍が普及し、書店の閉店も相次ぎ...児童書をとり まく環境が変化しています。読者である子どもたちは、今、どんな本を必要としているのでしょうか。
この講座では、子どもたちを夢中にさせる物語のおもしろさや魅力に ついて考えていきます。講師には『ぼくたちのリアル』で多くの賞を 受賞された話題の作家・戸森しるこさんと、ベルリン在住の児童文学 作家・那須田淳さんをお迎えします。トークショーにもご参加ください。

 


 

 ●講演:戸森しるこ(児童文学作家)
    《 子どもかもしれない 》

 ●講演:那須田 淳(児童文学作家)
     創作ノート 《 いま、求められる物語は? 》
     ~童話・ファンタジー・YA をもう一度考える~   

 ●トークショー:《 時代をどう切り取り、どう書くか? 》

 


 

◆日 時・・・ 2019 年 11 月 30 日(土) 13:00~16:30
◆会 場・・・ 日本児童教育専門学校 
        (JR 山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線)「高田馬場」下車
◆受講料・・・ 4000 円(協会員・協会講座受講生は 3000 円)
◆定 員・・・ 60名(先着順)
◆申込方法・・・氏名・住所・電話番号を添えて下記宛に受講料を郵便振替にてお送りください。「一日講座申込み」と明記してください。
◆宛 先・・・ 日本児童文学者協会 講座係 
       【口座記号番号】 00130-2-264147

 


 

☆講師プロフィール                   

 

戸森しるこ

埼玉県生まれ。東京都在住
『ぼくたちのリアル』(講談社)で第56回講談社児童文学新人賞を受賞し、デビュー。 同作は、児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2017年度青少年読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書に選定された。その他の作品に『十一月のマーブル』(東京レインボープライド選・LGBTを知る100冊!2017~2019年)、『理科準備室のヴィーナス』(2019年度埼玉県推奨図書)、『おしごとのおはなし・スクールカウンセラー・レインボールームのエマ』、『ぼくのミギ』、『ゆかいな床井くん』(以上講談社)がある。

 

那須田 淳

1959年静岡県生れ。95年よりベルリン市に在住
88年に『三毛猫のしっぽに黄色いパジャマ』(ポプラ社)でデビュー。『ペーターという名のオオカミ』(小峰書店)で、産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞を受賞。その他の作品に『星空ロック』(あすなろ書房・ポプラ文庫ピュアフル) や岩崎書店の古典シリーズ 、また編著に「笑い猫の5分間怪談」シリーズなど多数ある。翻訳も『ちいさなちいさな王様』、『僕が神様と過ごした日々』(講談社)や、『新訳・飛ぶ教室』(角川つばさ文庫)、『ナルニア国物語・ライオンと魔女』(GAKKEN十歳までに読みたい世界名作25)など数多く手がける。 和光大学、青山学院女子短期大学、共立女子短期大学非常勤講師、日本ペンクラブ「子どもの本委員会」副委員長、国際児童図書評議会会員、日本文藝家協会会員。講談社児童文学新人賞選考委員、雑誌「鬼ヶ島通信」編集長。
 


2019/08/28
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp