講座ブログ

おめでとうございます!

月刊絵本の出版に寄せて なみもとあや

はじめまして。なみもとあやと申します。

この度、福音館書店の「月刊絵本こどものとも年中向き」より『てんとうむしくんとかたつむりくん』(2021年6月号)が出版されました。画家のどいかやさんが、繊細でうつくしい絵を描いてくださって、また福音館書店の編集担当者の方にも大変お世話になり、ようやく出版されました。

思いかえせば、わたしが最初に童話を書いたのは、5歳ごろ。おぼえたてのひらがなで、おりがみの裏に、ネコやウサギ、クマなど動物が出てくるおはなしを書いては、母親がホチキス止めして本のようにしてくれました。

 

小学生のころは、いたってふつうの女の子でしたが、宿題の自習勉強ノートに漢字や計算の練習をせず、勉強と称して物語ばかり書いていました。担任の先生に「将来は小説家になったら?」なんて言われたこともありました。

 

自分の書いたおはなしが初めて世に出たのは、福音館書店の育児誌「母の友」に掲載された『あくびだま』(2007年8月号)でした。はらっぱでネコがあくびをしたら、しゃぼん玉のような「あくびだま」が口から出て、ふわりふわりと飛んで、ウサギ、カエル、カバと順番にあくびがうつっていく、というおはなしでした。5歳のころに遊んで書いていたものの延長のようですね(笑)。

 

 子どものころから好きだった福音館書店の絵本は、長男の誕生とともに「こどものとも」と「母の友」の定期購読を始めました。次男、長女と育てる中で、両誌は私の心の支えでもあり、社会に開かれた小さな窓でもありました。

 

 

その後、「母の友」には10年にわたって合計6作のおはなしを掲載していただき、今回とうとう「月刊絵本こどものとも年中向き」として出版された次第です。

『てんとうむしくんとかたつむりくん』の物語のテーマは、「ちがいを認め合う」ということ。晴れの日が好きなてんとうむしくんと、雨の日が好きなかたつむりくん。どうすればいっしょに遊ぶことができるでしょう?

おたがいの「ちがい」を知り、相手のことばに耳を傾けながら対話をすること、だからこそ広がる世界。そういうものをテーマにしています。

単行本として出版されたわけではありませんので、デビューと言えるのかどうかは分かりません。でも、この状況下で、多くのガマンを強いられている子どもたちの心に、少しでも明るい世界をとどけたい。てんとうむしくんとかたつむりくんといっしょに、物語の中を旅してもらえるとうれしいな。そう願う毎日です。

 

 

なみもとあやさんは、第49期 日本児童文学学校をオンライン受講されています。

2021/06/10

おめでとうございます!

落選続きの僕がデビューするまで 南田幹太        

 この四月、佼成出版社から『ぼくの師匠はスーパーロボット』でデビューした南田幹太です。五月には、二作目の『Surf Boys 伝説になった12歳の夏』をPHP研究所から出すこともできました。

 僕は児童文学学校の44期生です。今、49期ですので5年前の今頃、高田馬場の日本児童教育専門学校に月に一度、通っていたことになります。

 僕の児童文学歴を簡単に紹介すると、書き始めたのは2014年からです。44期は2016年ですので、その間の二年間、様々な児童文学賞に出品しては、落ち続けました。

 2016年は少しばかり幸運が続きました。福島正実記念SF童話賞で最終候補に残りました。北日本児童文学賞では、優秀賞を受賞しました。以前、書いて同人誌に発表していた「どんま」という作品が、中央大学付属中学の入試問題に採用されました。

 児童文学学校の授業は実践的であり、先生方からは多くの教えを受けました。この調子ならば、すぐにデビューできると思わなかったといえば、嘘になります。

 ところがそこからが長かったのです。相変わらず多くの文学賞に応募を続けていましたし、さらに出版社への持ち込みも始めました。ところが賞は落ち続け、持ち込みは不採用のみ。正直、腐りそうになりました。そんなとき励みになったのは、児童文学学校で出会った仲間たちです。

 先ほど同人誌の話題に触れましたが、入っていたのは大人向け小説の同人誌でした。できれば児童文学の仲間も欲しいと思っていたのですが、そのときの事業部長であり、児童文学学校の講師でもあった中野幸隆先生にその旨を相談すると、ご本人が所属する「牛の会」という同人に入らないかと誘ってくれたのです。それがきっかけで牛の会に入り、その後の僕の執筆活動の、心強いバックアップとなりました。

 それからは牛の会の皆さんから、アドバイスや叱咤激励を受けながら、2019年の日本児童文学者協会長編児童文学新人賞で佳作を受賞することができました。しかし佳作では書籍化されず、その後も暗中模索は続いたのですが。

 そしてようやく今年、持ち込みをしていた佼成出版社とPHP研究所から、二冊の本を出版できるところまでこぎ着けました。デビューまでに応募した文学賞と、持ち込みの数の合計は、ゆうに50は下らないように思います。

 そんな僕にとって、児童文学学校から受けた恩恵は計り知れないものがあります。もし入学していなかったら、きっと諦めて、児童文学から逃げ出していたのではと思ったりするほどです。

 

 

2021/06/07

第49期 日本児童文学学校・感想③

物語がつなぐ「縁」 池村匡哉

 一つのことを続けるのは、困難なことだと思います。
 
 物語の執筆は、ときに孤独な作業です。
書き続ける上で、先輩がいてくださること、共に書いている仲間がいること、〆切というゴールが用意されていることは、心強いのではないでしょうか。
 
 今期、児童文学学校がリモートで開催されると知り、遠隔地からも参加できるとのことで、参加の決意をしたのが春先のこと。
先日、2回目の講義と自作の講評をしていただきました。
 
 とても緊張して臨んだのですが、丁寧かつ具体的に、自分では気がつけない文章のポイントをご指摘くださり、参考となる作品までご教授いただきました。
 石津先生の豊かな執筆体験、赤羽先生の丁寧なご指導と、あっという間の2時間でした。
 終了後はグループに分かれての参加者同士の交流会の場も用意していただき、各位がどんな思いで書いているかを知ることができたのも楽しかったです。
 
 講義と講評をいただき、参加者の皆さんとお話をして、僕はなぜ文章を書きたいのだろう、と考えるようになりました。
楽しいから、だけではなくて。自分が感じていること、思っていること、それを誰かに届けて、その人の力になれたらいいなぁ、と思っているみたいです。
 
 二十代のころ出会い、今も覚えている言葉があります。
書きたいと思う人が一万人いたとしたら、書き始めるのはその中の千人で、書き続けるのはその中の百人で、書き終えられるのはその中の十人もいない。だから、書き続けてください、と。
 
 それからさまざまなご縁に助けられ、書き続けられていることを実感します。何より、こうして学びの場を作ってくださったこと、そして先輩と仲間が居てくださることが、今、自分の書き続ける力になっていると思いました。
 
いただいた講評と、書き続ける力で、9月には別の作品を再提出するつもりです。
2021/06/04

第49期 日本児童文学学校・感想 ②

第49期文学学校に参加して くまや なずな

 一昨年の春は都合がつかず、文学学校に申し込むことが出来ませんでした。秋には文学学校が開校されないので、70期創作教室に参加しました。

 創作教室は、作品の提出が出来れば初心者でも受講可能とあったので申し込んだのですが、全くの初心者は私一人でした。春の文学学校を受講された方々の他は、もう何年も書いていらっしゃる方々ばかりでした。私なりに頑張って作品を書いて提出してはいたのですが、基本的な事を全くわかっていないで、ただ書いているだけだという気持ちが強くなり、半年の創作教室が終わったら文学学校に参加したいと考えていました。

 ところが昨年は文学学校は中止となり、この春の49期文学学校の受講となりました。

 4月初回は、これを学びたかったという内容そのものの講座でした。創作を書くための基本を教えていただきました。設定、舞台、キャラクター、起承転結など、創作教室を受講中に提出作品をただ書いていただけの私に足りなかったことばかりでした。

 第2回目は、詩について、色々お話が聞けて良かったです。私は詩をずっと書いてきているのですが、創作よりも公募の機会が少なく、残念に思っています。

 そして、この回では、私の提出作品に講評をいただきました。講評は、気づきをいただけるので、本当に嬉しく思います。他の方の作品の講評を聞かせていただくのも、とても楽しみです。自分とは全く異なる世界を書かれた作品にまた異なる切り口の講評を聞かせていただけるのは新しい学びになっています。

2021/06/01

おめでとうございます!

第47期 日本児童文学学校や、創作教室を受講された酒井和子さんが、第20回長編児童文学新人賞、佳作を受賞されました。

おめでとうございます。いつも、楽しそうに受講されていたすがたが印象的でした。

コロナの感染で不安な春ですが、たくさんの元受講生の活躍のニュースにとてもはげまされています。

 

エネルギーをいただいて  酒井 和子

文学学校の開校日の緊張は忘れることができません。一体どんな世界で、どんな方々がいらっしゃるのだろうと、エレベータの中でドキドキしていました。

 この時出した「お薬師様」を講評していただいた感激が励みとなってその続きを書き、次いで受講した創作教室で合評していただきました。

 それが今回「長編児童文学新人賞」の佳作をいただいた『竹の風音』です。

 鎖国政策で情報が制限されていた時代、海の向こうの言葉や学問に接して好奇心を抑えられない貧しい職人の娘の話です。「女のくせに」と拒絶されながらも情熱を持ち続け、明治の新しい時代の担い手の一人として次代へとつなげていきます。

 はじめて手がけた時代もので自信がなく、果たして児童文学として通るだろうかと心配でしたが、自分ではその判断すらできません。設定した主人公の少女「かつ」がどんどんわが道を進むのを必死で追いかけ、また悩み戸惑うのに寄り添って夢中で書き続けました。

 「創作」という行為は一人でこつこつと原稿用紙を埋めていく孤独な作業という印象を持っていました。ですが、一人で書いているとすぐに限界がきて、どうしてもパターン化してしまいがちです。設定した人物やテーマへの思い入れが強すぎて一人よがりに陥るおそれや、最悪の場合、投げ出してしまいたいという誘惑に負けて未完に終わってしまう可能性もあります。

わたしは忍耐とか、こつこつ努力するということが苦手で、何にしてもいつも最後までがんばりきれません。それゆえ、文学学校や創作教室で同じ道を目指してひたすら邁進する方がたと出会えたことはとても大きいと思います。教室に入ったとたん包まれるあの雰囲気、席についただけで上がってくる心地よい緊張感。そして自分の世界を追及している仲間の情熱。厳しさはやさしさだと気付かせてくれる批評。これこそが自分の作品に向かい、推敲し、書き直し、書き上げるまでに要する膨大なエネルギーを持続させてくれるのだと思います。

今回うれしい通知をいただいたとき、まっさきに思ったのは「エネルギーをいただいた」おかげだということでした。

わたしは今72期の創作教室で学んでいます。ステイホームが余儀なくされる中、オンラインであれリアルであれ、教室のエネルギー量はますます高く、圧倒されています。

これからもそんなエネルギをーいただき、進んでいきたいと思います。

 

2021/05/12

第49期 日本児童文学学校・感想

 実感を得られる場所  丸野永史

 
作品を書いて公募等に出してみても、落選ということがわかるだけで、自分の書いたものを誰かが読んだという実感がないまま過ぎ去っていく。
なにかしら受賞でもしないかぎり、その実感は得られないのだと思っていた。
でも、読んでもらった実感がないままでは、作品がいいのか悪いのか、むしろ書いていていいのか悪いのか、それすらわからなくなってくる。とてつもなく無駄なことをしているんじゃないかと思うこともある。
同じようなことを感じている人も多いのではないか、むしろそういう人のほうが多いはずだ、でもそのはずなのに、そういう人と会って話すことはない。
一度そういう人に会って、はなしてみたい。できれば受賞した人とも話をしてみたい。そうしたら、なにか実感を得ることができるのではないかと思っていた。
だから、教室の中に入った時、この中にいる人たちは皆、なにか書いている、自分と近しい気持ちを持った人かもしれない。
しかもスタッフや講師はかつて受賞し、デビューし、一線で活躍する作家たちだ。話をしてみたかった人達がこんなにいる。とてもワクワクした。
田部智子講師も、デビュー前はやはり自分と似たような事を思い、考えたとおっしゃっていた。一線で活躍する先生方、受賞するような人にもそんな時期があって、でもそこから強い気持ちをもって今の場所までいったのだ。
教えていただいた創作を続けていく為のノウハウには、自分の作品がいつかだれかに届く日が来るかもしれない、その可能性に向かうための方法、そのきっかけをもらったみたいで勇気がわいた。
作品講評では、自分の番が近づくと緊張と不安で手から血の気が引いた。
でも、わかりにくいだろうなと思っていた、自分の作品の中の仕掛けに開隆人講師は気がついてくれた。
目の前で、その仕掛けについて解説してくれている。そして自分の作品について、この場の全員が話をしている。確かにこの場にいる全員がちゃんと読んでくれている。それがすごくうれしかった。
日本児童文学学校は、読んでもらえた実感、書いていてもいいんだという実感、そして書くことは先へ続いているのだという実感を得られる場所でした。
 
開校直前での三度目の緊急事態宣言。開校日がまさに宣言期間の初日となりました。主催する側の関係者の皆様は本当に大変だったと思います。なにしろ開校直前だったので時間がない。大変難しい判断だったと思います。それでもこの機会を守っていただいた事に本当に感謝いたします。
2021/05/06

第49期日本児童文学学校、開校しました

第49期、日本児童文学学校が開始されました。若い方がたくさん受講してくれて、質問もいっぱいでました。

プロジェクターをつかい、オンラインと教室でハイブリット開催、どうなるかと思いきや、とてもうまくいきました。

ただ、教室は、窓を換気で開けているため、音が悪くして失礼しました。

事業部員の新井さんが、ミニムービーをつくってくれました。見てください。

https://drive.google.com/file/d/1zHp3F0rAaD1NqSbw_W71k-8jK6lTwvth/view?usp=sharing

2021/05/05

おめでとうございます!

4月末、ポプラズッコケ文学賞が発表されました。

今年は大賞は見送られましたが、編集部賞に『メイク・イット』高村有さんが、選ばれました。おめでとうございます。

高村有さんは、創作教室で勉強された方で、今は同人誌などで研鑽をつんでいらっしゃいます。

選考結果は以下↓から見られます。

第10回|ポプラズッコケ文学新人賞|文学賞|ポプラ社 (poplar.co.jp)

高村有さんは、フレーベルものがたり新人賞でも、優秀賞に選ばれ、このブログにも喜びを言葉を書いてくれました。

作品、ぜひ、ブラッシュアップして、デビューまでもっていってほしいです。

また、選考票には、おしくも選考には残らなかったとありながら、『あっぷで ええと』スーザンももこさんについても触れられていました。

スーザンももこさんも、創作教室出身で、このブログにも書いてくださったことがあります。

ぜひ、みなさん、選考評を読んでみてください。このズッコケ文学新人賞だけでなく、他の新人賞でもそうですが、選考評には作品を書くヒントがいっぱいつまっていますよ

 

2021/05/02

おめでとうございます!

第52期創作教室(2010年)を受講された今井典子さんが、公募にえらばれ、短編アンソロジー ものがたりの小径 に作品が掲載されました。作品は『100メートルの坂道を』です。今井さんが参加した第52期創作教室はわたしも講師をつとめ、創作教室が終わった後、しばらく勉強会もしました。10年、書き続けてこられたことが、この結果になったのだと思います。

新刊『ものがたりの小径 まよい道・わかれ道』 - 株式会社 銀の鈴社 - 商業出版、個人出版、野の花アート®︎万葉野の花® (ginsuzu.com)

 

ものがたりの小径によせて   今井典子

 

この度、「100メートルの坂道を」の作品が、アンソロジーのかたちですが、3月に出版になりました。

児童文学者協会の会員になりましてから、文学学校で学び、また、赤羽先生にお願いして数名で特別勉強会を、していただきました。

それぞれの作品を持ち寄り、皆さんから感想やご指摘いただいたことが、書くことの上で、基礎になりいまがあると思います。

赤羽先生には、お忙しい中をご指導いただき、本当にありがとうございました。

あの当時、皆さん若いかたの仲間入りをさせていただき楽しく学びました。

ここ、数年は絵本の文章などを手掛けていましたが、時々、童話を書いてみたり、投稿してみたりを楽しみながら、

つづけてきた結果、この度の入選につながりました。

作品が活字になり出版されましたこと、驚きとともに、嬉しく思っております。

今後も、まだまだ楽しみながら、書いていこうとおもいます。

             

                                                                 

                                   

 

2021/04/15

おめでとうございます!

第67期から69期 創作教室に通われた、高村有さんが、第三回フレーベル館 ものがたり新人賞 優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。高村有さんに受賞の言葉を書いていただきました。

今のうれしさを忘れずに、書き続けていただきたいです。

 

自分にしか書けない世界を  高村有

 

創作教室の67期を受講した初回の日、自分の作品がどう講評されるのか、とても怖かったのを覚えています。慣れてくると、みんなで合評するスタイルが自分にはとても合っていて、3期連続、69期まで通いました。その後は、縁あって同人に参加して、ぷちぷちと短編を中心に書いています。

これは自分にしか書けない世界なんじゃないかな? そういったものを見つけようと、日々もがいています。最近は、短編で書いた子たちを、もっと長い物語の中で活躍させたいと思うようになりました。

『少年少女は真夏の屋敷で』は、自分が生まれ育った、かつての宿場町を舞台にしました。町にちょこちょこと残っている古い屋敷や蔵、城跡などが、異世界への入り口のようで、子ども心に、とてもドキドキしたものです。その頃の気持ちを思い出しながら、妄想をふくらませて書きました。ちょうど、執筆していた頃、「応募をおまちしています」とフレーベル館の編集の方が、この講座ブログに文章を寄せられているのを目にしました。その文言からどこか自分とは感性が近いような気がして、この作品は、絶対にフレーベル館ものがたり新人賞に応募しようと決意しました。ありがたいことに、優秀賞に選んでいただき、本当に光栄です。

 創作教室はわたしの創作活動の原点です。みなさんとの出会いがあったからこそ、いまの自分があります。あともう一歩。引き続き、頑張ります!

 

2021/04/05