講座ブログ

一日講座にきてください!

11月30日の一日講座、受付中です。

今回の講座、編集者さんたちが興味をもって申し込みされていることに驚きました。こちらからたのんだわけではなく、勉強しようと、ご自身で申し込まれる方も!!

これは大変、うれしいことです。

一日講座のテーマ、「今、こどもたちの心をつかむには?」が編集者さんたちも興味をもつような話題だったのでしょう。また、戸森しるこさんに加え、那須田淳さんの人気も大きくかかわっていることと思います。

わたしと那須田淳さんとの出会いは鬼ヶ島通信という同人誌のパーティかなにかだったでしょうか?

20代でデビューされた那須田さん、わたしとはそう年令の差もないのですが、早いときから博識で、大先輩という感じでした。しかし、気さくで、説明がとてもお上手です。児童文学の歴史にも大変くわしく、勉強されているんだとあこがれたおぼえたあります。

 

那須田さんは、人気作家、翻訳家でありながら、今は多くの大学で教鞭をとっています。そんな忙しい中、鬼ヶ島通信の編集長もされています。那須田さんが編集された鬼ヶ島通信の70+1はファンタジー特集。次の70+2は幼年童話特集です。

 

ファンタジー特集の座談会では、斎藤倫さんと柏葉幸子さんと那須田淳さんで、ファンタジーとは?という点について語りあっています。これがとてもおもしろくわかりやすい。ファンタジーとメルヘンの違い、ファンタジーとSFの違い、善と悪の問題、そしてこれからの可能性まで語りあっています。

 

また、70+2の幼年童話の座談会では、あまんきみこさんとやえがしなおこさんと那須田淳さんが語りあいます。作品の中の真実と事実について、また、あまんきみこさんがおっしゃる内的宇宙とは?と、これもまた、味わい深い座談会になっています。そういったお話しも聞けるかもしれません。

今回は二部のトークショーは、みなさんの質問から組み立てていきたいと思っています。みなさんの中で、創作で悩んでいるもやもやなど、勇気をだして質問してみてください。

今回、一日講座では、那須田淳さんを講師に迎えるので、特別に、鬼ヶ島通信も発売します。野上彰さんの評論ものっていますし、荻原規子さんや戸森しるこさんの短編ものっています。ぜひ、この機会に。

もちろん、日本児童文学最新号、まどみちお特集も売りますよ!

どうしようかと、迷っている方、ぜひ、足を運んでください。(赤羽じゅんこ)

2019/11/11

一日講座にきてください!

戸森しるこさん、おめでとうございます!

事業部では今、11月30日土におこなわれる一日講座の準備をしています。

そんな折、ビックニュースがはいってきました。

講師で来られる戸森しるこさんが『ゆかいな床井くん』で第57回野間児童文芸賞を受賞されました。

『ぼくたちのリアル』でデビューされ、たくさんの賞をうけ注目された戸森さんですが、『ゆかいな床井くん』では今までの戸森さんの作品とは少しちがっています。ほんわかユーモラスな世界でくすくすと笑いながら楽しく読めて、あたたかいものが残ります。

一日講座では、リアルや床井くんの誕生秘話も聞けると思います。質問の時間もたくさんとるつもりです。

また、戸森さんは働きながら、次々作品を執筆されています。どうやって時間をひねりだしているのか、そのあたりも聞いてみたいところですよね。今、忙しくても創作をあきらめたくないという方も、参考になると思います。

一日講座では書籍も発売され、サインももらえます。

まだまだ席の余裕がありますので、ぜひ、いらしてください。

次はもうひとりの講師、那須田淳さんについて書きたいと思います。

2019/11/08

おめでとうございます!

創作教室、第54期、第55期に通われたみとみとみさんが、このたび、単行本デビューをされました。

おめでとうございます。『中くらいの幸せの味』は絶賛発売中です。ぜひ、手にとってください。

ご本人にデビューまでの道程を書いていただきました。

初出版までの道  みとみとみ

 私は第54、55期創作教室に通い、24回の内23回に作品を出して、毎回先生や仲間の皆さんからいただいた感想をメモして、あとで何度も読み返しました。必死に勉強していた時期でした。創作教室のときに書いた作品がその後二つの公募に入選しましたが、それも創作教室のおかげだと思っています。

初めて本になった『中くらいの幸せの味』は、創作教室で二度合評していただき、教室卒業後に入った同人誌「ばやし」の例会でも合評してもらった作品です。何度も書き直した同作品を「第Ⅱ期ばやし10号」に載せてもらうと、たまたまこの作品を読んだ児童書の出版社の元編集長さんが「これを長くして毎日小学生新聞に連載しませんか?」と言ってくださいました。大変幸運なことでした。でも、先方の注文は原稿用紙88枚の作品を倍の長さにしてほしいとのことです。「絶対無理!」と思いました。88枚でも大変だったのに……。でも、プロの作家になるためにはどんな注文にも応えなければならないのだろうと腹を括り、気が狂いそうになりながらエピソードを加えて倍の長さに書き直しました。原稿を送ると、なんと一発OK! 私のほうが拍子抜けしました。

連載は無事終わり、その後出版化を目指して原稿をいくつかの出版社に持ち込みましたが、どこからも良い返事はもらえませんでした。でも、諦めきれずに、二〇一七年夏、国土社さんに持っていくと、編集者さんが「すぐ本にしましょう!」と言ってくださいました。夢のようでした。ただ、新聞連載時に挿絵をお願いしていた画家さんが超多忙だったため、その後二年間待つことになりました。

そして、この秋、ようやく初めての本ができあがりました。とても嬉しいです。

私の場合、初出版までの道のりは決して楽ではありませんでしたが、努力を続けていればまたチャンスの神様が微笑んでくれると信じて、これからも頑張っていこうと思います。

 

2019/11/02

おめでとうございます!

第47期日本児童文学学校にかよわれた、五十嵐尚子さんがJXTG童話賞で優秀賞をとられました。おめでとうございます。

五十嵐尚子さんは楽しそうに積極的に発言され、合評をもりあげてくれました。JXTG童話賞のサイトはこちらから見られます。 (赤羽じゅんこ)

読んで書いての一年で 五十嵐尚子

 児童文学の世界に飛び込んだのが昨年9月。それまで教育産業にいたこともあり、子供の世界がなんとも好きだった私は、そこにい続けたいという思いで始めたことでした。

 けれど文学が門外漢な私は、いざ書くとなると、どこから手をつけてよいかわからず、まずは1日2冊ずつ本を読みつつ、短編を書いてみたり。それでも原稿用紙の使い方も怪しかった私は、どこかで習う必要を感じていました。

 そこで年明け二月から二ヶ月間、創作教室へ。

 そこでモチベーションが一気に跳ね上がりました。プロを目指す方も多く、皆が本気で書いていたのに影響されたのです。そして同時に、自分の文学への基礎の無さを実感し、四月からは文学学校へ。

 文学学校時代は、合評や本の紹介を通し、とくに「読み方」を習えました。ひとりで読んでるうちには気付かない視点や切り口を、いくつも教えられました。

 そんなふうにこの一年、読むか書くかばかりの毎日でしたが、そのおかげか、なんとこの度、JXTG童話賞で優秀賞を頂くことができました。

 ある先生が「読むことと書くことの千本ノック」という言葉を使っておられましたが、私はこの言葉が大好きです。今後もまさにその心意気で読書を続けながら、次は長編を書くことにチャレンジしてゆきたいと思います。

 

 

2019/10/21

第69期創作教室に参加して

創作教室はいつも熱かった。 清木玲

 
 66期から69期の創作教室に参加した。

 二週間毎の茨城県からの上京。高速バスの中では同受講生の作品を慌てて読むというスタイルが二年間続いた。自分の作品提出は、毎回どうにかできたが、ただ書き散らかしたというのが、今の感想である。
  今日は、金曜日。いつもだったら夜中まで、うまく動かないプリンターと格闘している。
土曜日の創作教室に向けて、いつもぎりぎりまでバタバタしていた。
 今、創作教室から離れて、これまで書き散らかした作品をもう一度見直し、書き直そうと考えている。
 
  ちょっと遅すぎた決心と思いはするけれど、創作教室の中では、年齢をほとんど忘れられた。厳しくも愛情ある指導を講師の先生や受講生の皆さんからたくさん頂いた。それらが今の私の財産になっている。
 一人になった今、自分が何を書きたかったのか、本当に自分は児童文学をやりたいのか、問われているとしみじみ感じる。
 10月になり、70期が始まっている。
そこに私はいない。これからは、一人締め切り日を作り、あの熱く合評し合った日々と同様の日々を過ごそうと、今、決心している。

 

2019/10/12

日本児童文学学校・報告

第47期児童文学学校・最終回 松原さゆり 

九月の終わりというのに暑さが残りますが、東京は所々で秋めいてきました。そして、いよいよ文学学校も、最終回をむかえました。  

背筋が伸びた受講生の皆さんや、ビジターの方からも緊張感が伝わってきました。

最終回の講師は、新進気鋭作家のいとうみくさんです。「書き続けていくために」というテーマで、プロジェクターを使って話してくれました。  

 創作においては、気になる事、伝えたい事、知りたい事を深め、それに関わる人を描くようにしていると。具体的に、ご自身の本からも例を出して話されました。

 ご自身の経験から、同人誌「季節風」に投稿して、投稿評を読み込むことが勉強になったとも。

 仲間を持つ事も、大事と話されました。

 小峰書店の現役編集者の山岸都芳さんからは「編集者の視点からいえること」です。

 編集者として、いかに読み手を楽しませる本を作るかを、大事にしているそうです。また、書き手の方には、誰に読んでもらいたいのかをしっかり考えてほしいと、話されました。

 いとうさん、山岸さんを交えての質問コーナーでは、皆さんからの活発な質問に、お二人とも丁寧に具体的に答えてくれました。その質問からふくらんだ答えは、とても充実した内容でした。

 最後に第47期児童文学学校、終了式です。

 今回、受講生からの提出作品は24作。それを事業部講師で手分けして選考し、二次選考に残る七作品を選びました。事業部全員で選考会をもち、最優秀作品一名、優秀作品二名を選びました。

その結果発表がおこなわれました。選ばれた方々には賞状がわたされ、教室中に拍手があふれました。

最優秀作品は、機関誌日本児童文学3.4月号に掲載されます。

 

 

 

 

 

 

2019/10/06

第69期創作教室に参加して

「私が物語を書く理由」  志津栄子   

 それは、さみしさからだったのかもしれません。

 創作教室に参加するまで、書くことは自分を見つめる辛い作業だったのです。

 私の中に棲みついているのは、自分の心にうそばかりついている意地っ張りな女の子や、居心地の悪さを抱えてうろうろ歩き回っている男の子たちでした。そんな不器用な人たちを解放していったら、もしかしたら私のさみしさがとけてなくなるのではないかと、ずっとそんなことを思いながら物語を書いてきました。夢中になって書き続けました。

 この春、思い切って新幹線に乗り、岐阜の山奥から東京に出てみました。

 するとそこには、今まで出会ったことのないような個性的で魅力的な人たちが集まっていたのです。キラキラ……、いいえ、ギラギラとした世界の扉が開いた瞬間でした。

 ちょっとせつないザシキワラシくん、スーパーナンセンス、ほろりとする犬のお話、SF、エンタメ、歴史物、文学の香り高い作品、なんだかエロくてドキドキしちゃうお話、胸きゅん物語、その作者たちは、お互いにどこの誰で、普段は何をしている人なのか、何も知らなくて、ただこのお話を書いている人という立ち位置がとてもここちよかったのです。初めて仲間がいるという心強さを知りました。私の作品をいつも丁寧に読んでいただいたこと、感謝しています。

 講師の先生方には、愛情たっぷりにご指導いただきました。時には優しく、時にはバッサリと。

 おかげで、書くということが、自分のためだけでなく、読む人にとっても、もしかしたら一筋の光だったり、心を温める何かになったり……。そんなふうになれたら嬉しいなと、今は思えるようになりました。

 素敵な時間をありがとうございました。書くことは希望です。

                                   

 

2019/09/28

秋の一日講座 講師からメッセージ!

一日講座にむけて 那須田淳

 9月にベルリンから戻ってきましたが、台風で日本からの飛行機が遅延して、乗り継ぎのフランクフルト空港で7時間も待たされてしまった。近年、台風の発生の仕方が以前と変わりつつあるけれど、これも地球の温暖化の影響でしょうね。環境ということでは、ドイツでもこの夏は熱波に見舞われ、気温が40度近くまであがって大変でした。

 

 なにしろ少し前までは、25度を越えれば暑くて勉強ができないから学校が休校になるという慣習があったところだし、ほとんどの家ではまだクーラーもないのでみんなぐったりしていた。もっともクーラーを取り付けようと思っても、我が家もですが都市部は集合住宅が多く、たいていは壁が厚いし、景観の問題もあって室外機を取り付けるのも難しい、さてどうするか…。これも一つの社会問題かもしれません。

 

 こんな身の回りの変化や世の中での小さな気づきが、物語づくりのヒントにもなるものだと思います。今度の講座では、戸森しるこさんとそのあたりのことも含めて楽しくお話しできたらと考えています。

 

一日講座にむけて 戸森しるこ

 こんにちは、児童文学作家の戸森しるこです。秋の一日講座の講師をさせていただくことになりました。

 

 那須田さんとご一緒させていただけるということで、わたしもお話をうかがうのがとても楽しみです。児童文学作家を目指し始めたころに、わたしも別の場所でこのような講座を一度だけ受けたことがありますが(その時の講師は石崎洋司さんと梨屋アリエさんでした)、自分がお話しする側になるのは今回がはじめてです。

 

 児童文学作家志望の方が多くご参加されると思いますので、新人賞に応募していた頃のこと、物語を書くために意識していること、現在の執筆についてなど、いろいろお話しする予定です。今年はデビュー丸3年の記念イヤーということもあり、戸森しるこ拡大化計画を実施中で、人前でお話しする機会も持てたらと考えていたところでした。そんなタイミングで今回のお話しをいただき、誠に光栄なことと思っております。

 

 不慣れな部分もありますが、どうぞよろしくお願いいたします。こういう話がききたい、というようなご希望がございましたら、ツイッターかブログの方にお気軽にメッセージをお送りいただければと思います。

 

11月30日(土)秋の一日講座は、ただいま、申し込み受付中です。

この時しか聞けない話をしますので、迷っている方、一步 踏み出すつもりで、ぜひ、いらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/09/19

あと一回となりました!

第47期 日本児童文学学校も残すところあと一回です。9月29日、日曜日です。

最後には、提出作品の最優秀賞、優秀賞の発表をします。ドキドキです。

 

先日、事業部員があつまって、児童文学学校 提出作品の選考会をしました。

いろいろ意見がでて、活気ある選考会でした。

結果は、29日の講義終了後の修了式で発表です。楽しみにお待ちください。

 

また、29日は、人気作家 いとうみくさんと、現役編集者 山岸都芳さんがご登壇されます。

名作『空へ』がどういう風に誕生したのか、話してくださるとか。

質問も受け付けてくれるというので、事業部からも質問を考えました。

答えにくい質問もぶつけましたが、ありがたいことに、考えてくださるとか!

創作を志す人には、とても有意義な時間になりそうです。

この講座、一回だけのビジターで聞くこともできます、でも、人数にかぎりがあるので、必ず来る前に事務局に問い合わせてください。

また、第69期 創作教室も、今週土曜日で最後です。来月から第70期が始まりますが、申し込みそうそうに定員になってしまいました。次の第71期の申し込みは来年からになります。申し込み開始は、ホームページからみれますので、確認してください。

 

2019/09/18

日本児童文学学校・感想 12

47期 5回目を受講して   南口菜々

 

この日、とにかく私は緊張していました。講評をいただく作品のうちのひとつが、自分のものだったからです。

ですが、いざ、木村研先生の講評が始まると、そんな気持ちは吹っ飛びました。先生は、作品の大きな流れや、登場人物の心情、そして発想を大切に、丁寧に見てくださいました。今回はひとつの特徴的なモチーフについて扱った作品が多かったので、ひとつのアイデアをどう面白くしていくのか、とても考えさせられました。

そんなわけで、作品のことを考え始めたら、緊張はどこかにいってしまったわけです。先生は、よく「緊張の必要はない」と言ってくださっていたのですが、本当にそうですね。私、先生が優しすぎて裏があるのではと勝手にドキドキしていました。大変失礼いたしました。

休憩を挟み、あんびるやすこ先生のお話です。先生は、ひとつの本を作る過程を、たくさんの図像と共に、具体的に示してくださいました。印象に残った点はいくつもあるのですが、中でも、「無理に作った話は言葉にできない」、そして、「他者理解」というテーマが根底にある、というお話がとても興味深かったです。また、「他者理解」というテーマには、「本作りはプレゼント選びと一緒で、子どもに喜んでほしいから、相手が何を好きなのか事前調査をする」というお話とも共通のものがあると感じ、とても勉強になりました。

まずはすぐに出来そうなことから、ということで、愛犬のキャラメルにプロットをお話してみました。しばらくすると、お手をしてみたり、伏せをしてみたり……いつまでたっても私が話をやめないので、途方にくれたように、しっぽが下がっていきました。この子でさえ他者理解しようとしているのに、私ときたら……。反省したので、ササミをあげました。しっぽが上がりました。

 

 

2019/09/09