講座ブログ

第50期 日本児童文学学校 感想⑭

旅路はちいさな一歩から  田中 敬二郎

 

すべての旅のはじまりには、ちいさな一歩が伴いますが、その一歩がどんな道へ続いているのかは、歩き続けてみないとわからないものです。

 

わたしのちいさな一歩は、偶然が紡ぎ合ったものでした。子どもの頃から、古い童話や民話に興味があり、大人になるにつれて、上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズが好きでよく読んでいました。また、大人になってから読む児童文学は、大人になっていく過程で忘れてしまったことを思い出させてくれるものであり、どこか児童文学に憧れを抱いていました。

一方、大学で近代文学を勉強していたことから、心の片隅でなにか物語を作りたいなという気持ちがありました。

日本児童文学学校のことを知ったのは、そんなもやもやとしていた時期です。ちょうど大学に通っていた際に、協会の現理事長である藤田のぼるさんの講義があり、そこで学校のことを知りました。そして、わたし自身なにか物語を作れたらいいなと考え、受講へといたります。

 

学校で教えてくださる先生は、どなたも第一線で活躍されている方々ばかり。どのような一歩で児童文学作家になられたのか。書くことの大変さや、その大変さをどう乗り越えてきたのか。そして、自分の中にある物語の種を咲かせるために、先達の本を読み、物語に必要なことを調べ、子どもたちのために、物語を書き続けていく。先生方のお話はどれも貴重で、終始その熱意に圧倒されながら講義を受けていました。

 

学校の後半では、受講生の皆さんがそれぞれ書いた作品について、先生方や受講生の皆さんと一緒に感想や意見を交わします。受講生の皆さんの作品は、どれも面白く、バラエティーに富んでおり、わたしが考えつかないような作品ばかりでした。そして、作品のこういうところが面白かった、どうすればもっと魅力的になるのかなど、先生方も受講生の皆さんも、真剣にその作品の感想や意見を交わしているのが印象的でした。こうした機会が得られるのはとても幸運なことだと思います。

 

わたしの作品が講評されたのは、だいぶ後でしたので、不安との戦いでした。結果として、辻貴司先生や受講生の皆さんに面白いと評価していただきました。自分がうんうんと苦しみながら書いた作品について、真摯に意見や感想を言っていただき、さらには面白いと言っていただくのは、ありがたく、たいへん嬉しいことだと実感しました。

 

この学校は、わたしのちいさな一歩を踏み出すきっかけを作ってくれた学校でした。このちいさな一歩がこの先、どんな道へ続いていくのかわかりませんが、これからも歩き続けていきたいと思います。

 

第50期 日本児童文学学校もあと一回で終了となります。今期は、積極的な方が多く、終了後もグループをつくり、書いて行こうという流れもあるようです。

すばらしいですよね。オンラインの講座でも、こういうこともできるんだなっと、スタッフは感激しております。

そして、今日9月1日は、受講生の提出作品の〆切り日です。10枚までの作品を提出していただき、最優秀、優秀作品を選びます。最優秀作品は、機関誌『日本児童文学』にも掲載します。みなさまの力作、お待ちしています。〆切り厳守で、お願いしますね。 赤羽

2022/09/01

第50期 日本児童文学学校 感想⑬

学びは自分を新鮮にする   戸丸俊文

 

 「退職後何をやるか」

 考え始めたのはその時を迎える2年前でした。

 ずっと模索し、やっと見つけたのが「児童文学を書く」ことでした。

 その時に、日本児童文学学校の存在を知りました。

 退職して4月からの講座はWEB講座でしたが、講師の先生のお話を直接聞けたり、質問できたりと毎回が楽しみでなりませんでした。

 また、他の受講生の作品を読ませていただき、私には到底思い浮かばない発想やキャラクターがいくつも登場してきました。「初めて書きました」とおっしゃっている方の作品を読んで、その文章力に驚愕し「この方、天才かも……」と思うことも度々ありました。

 今の自分の課題は、講座で講師の先生がおっしゃっていた言葉、「自分だから書けるもの」を探すことです。

 66歳で退職の日を迎えた自分を振り返ってみると、それなりに喜怒哀楽を感じる出来事に遭遇してきました。その中から、常識や社会通念を創り出してきました。

 それらは、私の価値観や社会観等を形成する基礎となってはいるのですが、これからを生きる子どもたちの人生にすべて役立つのかというと疑問符が出てきます。

 子どもたちを、同じ時代で一緒に生きる同胞として捉え、彼らが生きていくための支えになるような作品を提供できるようになるためには、時として自分の中にある概念をひっくり返して見つめ直す必要があるようです。

 それを教条的ではなく、日常の何気ない出来事や登場するキャラクターの言動から子どもたちが自然と感じ取れるような作品に仕上げていきたい。

 それが、この講座を受講している中で、私が強く感じるようになったことです。

 できるなら私の作品を読んで、子どもたちがワクワクドキドキできたり、ウンウンそうだよとうなずいてくれたりしたら嬉しいなあと思っています。

 難関ですが挑戦しがいがあります。

 どうも「児童文学を書く」ということを退職後の道として選んだことは間違っていなかったようです。        

 

                                

 

2022/08/29

こまつあやこさんが講義します!

8月21日 日曜日の第50回日本児童文学学校は、こまつあやこさんが講義をしてくれます。

『わたしがデビューするまで』ということで、働きながら、投稿していたときのことや、第58回 講談社児童文学新人賞に輝き、デビューしたことを話してくださいます。

『リマ トウジュ リマ トウジュ トウジュ』は、入試問題にもつかわれ、版を重ね、読まれているそうです。

日本児童文学学校は、半年の連続講座ですが、一回だけのビジター受講もできます。

こまつあやこさんの講義に興味をもたれた方、講談社児童文学新人賞をひそかにねらっている方、どうぞいらしてください。

まず、日本児童文学者協会、事務局に連絡してから、どうぞ。

アーカイブもあります。おまちしております。

2022/08/14

第50期 日本児童文学学校 感想⑬

ここは、はじまりの場所   はらだあいり

 

20代の頃、私は「いつか絵本を書くからね!」と友人たちに宣言していました。文章を書くのが好きで、子どもの頃の夢は童話作家。家族の海外赴任で自由時間が増えたこともあり、今がその時なのかもと、見つけた絵本の賞に応募することにしました。その過程で痛感したのが、作品として仕上げることの難しさです。“まず一度、きちんと学んでみたい。どんな世界なんだろう”それが受講のきっかけでした。

 

講師の先生のお話は、書きとめたい言葉がいっぱいで、心と手と耳がフル稼働。

受講してよかったと心から思います。

「もっともっとと、考えをしぼり出すように書く」「発想ノートを作る」「大好きな作家さんの文章を丸写しして、文章の中の呼吸をつかむ」「できるだけ開いた言葉で」「絶えず感性をフル回転」「読みやすく」……。教えていただいたことは、プロの書き手としての自分の軸になるのだと思います。

 

受講生の作品講評は、何より刺激的です。先生の講評はもちろん、同期の受講生たちの感想も、着眼点の違いが面白く、勉強になります。オンラインでなく、同じ場にいられたら、もっと場の空気を色々感じられて、何気ない会話もできて、仲良くなれるのになぁ、と思ったタイミングで、スタッフの皆さんが企画してくださったオンライン飲み会。お喋りをきっかけに、同期の仲間がプライベートでもつながって交流が始まりました。それぞれ書きたいものは違うけれど、創作について意見交換できる仲間は、特別な存在です。機会を作ってくださったスタッフの皆さま、ありがとうございます。

 

講座の雰囲気が、和やかで優しくて温かく、とても安心できます。たたいた扉の向こうに、素敵な先輩方と仲間たちがいます。好きなことを学べる喜び。毎日、選びとる言葉を探して探して、生きている気がします。新しい自分は、まだ始まったばかり。たくさん吸収して、成長していきたいです。

2022/08/06

第50期 日本児童文学学校 感想⑫

一人じゃない  朝田優子

 

コロナ禍の中、職場で在宅勤務が始まり通勤時間がなくなった分、子供のころからの趣味だった読書に時間を割けるようになっていました。ずっと大人向けの小説ばかり読んでいたのですが、あるきっかけで児童文学書を読むことがあり、以来どっぷりはまっています。

大人になってから読む児童文学書には、今だからこそ読み取れる意図や発見があり、また子供だった頃の感覚や思い出を呼び起こしてくれる側面もあり…。そんな魅力的な文章を自分でも書きたいと思うようになりました。指南本を買ったり個別の通信講座を受けたりして、その都度新しい発見がある中、児童文学学校を偶然ネットで見つけました。

 

 指南本の購入などとは異なり、申し込むかどうかは結構悩みました…。オンラインとはいえ多くの方が一度に受講されることや、みんなの前で添削を受けることなどは、内向きな性格の自分にとっては中々に高いハードルです。しかし偶然見つけられたのも何かの縁だと思い、意を決して申し込みました。

 

 結果、第一回目を受講して、一番の悩みどころだった点が一番ありがたい点に変わりました。受講生の方の作品を先生が講評され、また他の受講生の方がコメントする。それらを聞いているだけで、自分一人だけでは気付けない視点をたくさん得ることができました。

また講義では、先生がテクニックやコツを教えてくれるだけでなく、書くことの心構えなども伝えて下さります。メモを取るのが追い付かないほどで学生時代に戻ったような気分です。

もちろん独学でも書く技術は身につけられると思いますが、私にとっては、色々な方が参加されている児童文学学校だからこそ、多くの視点を知ることができたのかなと思います。

あと二回で講義が終了してしまうので既にさみしい心持ではありますが、まだまだ吸収していきたいと思います。

 

2022/08/05

第50期 日本児童文学学校 感想 ⑪

すべては、ベストタイミング    福田珠代

 

童話を書き始めたのは4年前。その当時、わたしは、特別支援学校で教師をしていました。図書室で借りてきた絵本を繰り返し何度も読んでは同じ場所で笑う子、教師の読み聞かせを聞いて体を動かしニコニコしながら楽しむ子、お話のストーリーを模倣して遊ぶ子、まるで、子どもたち一人一人が、絵本の中の主人公のように本の世界を楽しむ様子がありました。そんな子どもたちを見て、私も、子どもたちを夢中にさせるお話が書きたい。それが、書き始めのきっかけです。もちろん、私自身も無類の本好きで「活字依存症」と言われるほど、いつも本がそばにあり、本が私の一部分を育ててくれたとも思っています。書き始めたときは、フルタイムで仕事をし、なおかつ持ち帰りの仕事もあったため、忙しい中で、ただ思いつくまま書くということが続いていました。そんな中、日本児童文学者協会を知ったのが2年前、ネットを検索していて偶然見つけました。そこでは、日本児童文学学校や創作教室など、まさに自分が学びたいと思う講座が開かれていました。そして、今年3月の定年退職を機に、第50期日本児童文学学校に申込みをしました。“何かを始めるのに年齢は関係ない、すべてはベストタイミング”という思いで学び始めましたが、年齢や経験の違いはあるものの、児童文学が好きという共通点のある方々の集まりはとても居心地がよく、毎回ワクワクの連続でした。プロの先生方からの様々な手法や経験談は、私が書き手となる上でとても参考になりました。また、作品講評の時間は、毎回出される作品をどのような視点で観ていくかという、私自身の“観る目”を養うことにも役立っています。手を挙げて発言することには躊躇してしまうこともありますが、それでも講師の先生方の講評や他の講座生からの意見をきいて、“なるほど”と思ったり、こんな感じ方や考え方もあるんだと気づいたり、とても学びが深いです。そして、雑談タイム。最初は何を話したらいいのか不安でしたが、少しずつスタッフの方々と受講生が、和気あいあいといろんなことを話せるようになってきて、とても楽しいひとときです。

コロナ禍の中、外で誰かと長い時間会話をするという機会がほとんどないので、家に居ながらにして、オンラインでたくさんの方とつながれることは、本当に素晴らしいです。このタイミングで、この講座に申し込むことができ本当によかったです。ありがとうございます。

 

8月1日申し込み開始の第75期創作教室、第4期オンライン創作教室は、即日 定員にたっしました。今からだとキャンセル待ちになります。

次の申し込みは、来年のお正月頃で、4月からの開講となります。そのときは、講師も変わります。どうかよろしくお願いします。

 

2022/08/02

創作教室、オンライン創作教室、申し込みはお早めに

8月1日から第75期 創作教室、第4期 オンライン創作教室の申し込みが開始されます。

創作児童文学を学びたい方の講座で、毎回、合評をうけれます。教室がはじまるのは10月からです。

たくさんの作家を輩出した人気講座です。実践的な創作の学びの場となっています。

創作教室ですが、コロナの感染が増加した場合、オンラインになる場合もあります。

 

この講座、早いものがちです。継続の方がいる場合、新規の申し込み人数がかぎられてしまうためです。

ただいま、創作教室は新規枠は2名とプラチナチケットとなっております。

また、オンライン創作教室は、8名と少し多いですが、全国から申し込みが集まります。

第75期 創作教室(2022年10月〜2023年3月)【8月募集開始】|講座情報|講座|日本児童文学者協会ホームページ (jibunkyo.main.jp)

一般申し込み開始は、8月1日。申し込みたいと思っている方は、どうか、お早めに

詳しくは事務局に問い合わせてみてください。電話でもいいので、気楽にかけてください。

2022/07/26

エンタメと児童文庫について

明日は第50期日本児童文学学校の4回目です。

講義は緑川聖司さんで、『エンタメと児童文庫』について話してくださります。

怪談を書かせたら、今、一番人気の緑川聖司さん。

子どもに人気の秘密はどんなところにあるのでしょう。

また、エンタメって児童文学と書き方がちがうの?とか、疑問もありますよね。知りたいですよね。

そういう方、ぜひ、聞きにきてください。

ビジターで一回だけの参加もできますので、日本児童文学者協会にメールで連絡を

緑川聖司さんが、日本文学者協会で講義してくださるのは、初めてだと思います。このチャンスをおみのがしなく。

2022/07/23

第50期 日本児童文学学校 感想 ⑩

子育ての合間の「私時間」  華井由利奈

 

 キラキラした表紙の児童文庫に心惹かれたのは、育休中のことでした。以前から作家に憧れていた私は、その後すぐ児童文庫の公募に作品を応募。本気で書き手を目指すようになりました。しかし、子ども向けの物語を本格的に書いたのはそれが初めてで、作法がさっぱりわかりません。講座を探し、仕事復帰のタイミングで児童文学学校を受講することに決めました。日曜日の午後、私の時間を作るために子どもと遊んでいてくれる夫には、感謝しかありません。

 

昨今はコロナの影響もあり、友人に会う機会がぐんと減りました。それに加えて、子育て中は何かと孤立しがちです。家庭、仕事場、保育園の3カ所を慌ただしく行き来する毎日。そこに「児童文学学校」という新たなコミュニティができ、生き返ったような心地がしています。月に一度、子どもでも家族でもなく、自分を成長させるための時間を持てる。それが私にとってどれほど大きな喜びか、うまく言い表せません。「子育て中はこんなふうに創作活動をするといいよ」「書きたいときがチャンスだよ、でも無理はしないでね」という人生の先輩方からのアドバイスは、涙が出るほど嬉しいものばかりです。

 

また、今回の講座では児童文庫で著書を出されている先生が何人も登壇されていて、児童文庫についても深く学ぶことができ、ありがたい限りです。

 

講座を受講して一番驚いたのは、「最初から素晴らしい作品を書ける人がいる」ということでした。講座後半の講評タイムでは、「初めて書きました」という言葉とともに素晴らしい作品を提出される受講生が、何人もいました。私は学生時代から数えきれないほど公募に応募し、落ち続けてきたので、才能ある方々がとてもまぶしく見えます。憧れの存在です。文才のない自分を情けなく思います。

しかし、そんなときに思い出すのは、講座内で先生がおっしゃっていた「とにかく書き続けることが大事」という言葉です。書き続ければいつかきっと形になると信じて、これからも物語を綴っていきたいと思います。何につけてもまだまだ未熟な私ですが、同期のみなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2022/07/16

第74期 創作教室 感想

 こんな僕にも続けられるの、ありますかあ?  丸野永史

 
 僕はとある児童文庫のコンテストへの応募をきっかけに、児童文学に興味を持ちはじめたのですが、そのころは児童文学とか文庫とかの違いはおろか、そういった言葉すら知らない状態で、もちろん小説を書くのも初めてで(それでよく書いたな)とりあえず書いてみたという状態で(今でも毎回とりあえず提出してみたって感じですが)ほんとに何もわからなかったわけです。
 その「とりあえず書いてみた作品」は「とりあえず書いてみた」まま、僕の世界になんの変化も起こさず、トイレに流れていってしまったかのような空白感だけが残りました。あれ? これで終わり? みたいな。
 まあそんなもんだよなあと、そこでやめるのもアリだったんですが、その頃にたまたま児文協をネットか何かで見て知りまして、ああ「とりあえず」のその先があるかもってノリで去年文学学校へ参加させていただき、その後で山口理先生のオンライン創作教室、そして気がつけば現在の田部智子先生の創作教室に通っている自分が。おお! こんな僕でも続いてる。
 ぶっちゃけ毎回ヒイヒイ言いながら、ギリついていってる感じですが(はいそこついていけてないとか言わない)こんなに続けて参加するのは、自分なりの「とりあえず」のその先が見えたからだと思います。自分の世界に変化をおこす手応えみたいな。
 児童文学について少しですが知ることができまして、それが材料になって、描けなかった、ただ流れていった「その先」がイメージできるようになったのかも。材料がなければ形をつくるのは難しいですからね。もちろんそれは先生や一緒に受講している方々の熱意があるからこそです。エネルギーもやっぱ必要ですから。そういうモノ全てがここにはあります。
 文学学校、創作教室どれもいいです。最高。実際に同時参加されているかたも結構おられますし。動機はなんであれ参加すればきっと自分の世界を変えるきっかけ、その欠片みたいのが得られると思います。
 文学学校も創作教室も、先生とメンバーは一期一会です。内容はもちろん雰囲気も回ごとに全然違います。その一回はもう二度と来ない。なので思い立ったが吉日、すぐに参加を決意しましょう。
 ちなみに、創作教室は一瞬で枠が埋まるプラチナチケット状態ですので、申し込み日になったその瞬間に申し込むくらいのつもりでいったほうがよさそうですよ。
これだけ人気ならオンライン教室をもう一つ展開していただいても良いのでは……オンラインを活かして海外在住の先生とか面白いかも? あ、時差とかあるか。そもそも事務局の次良丸先生が大変かあ。
 
2022/07/11