講座ブログ

公募入選 おめでとうございます③

はじまりの扉  小林史人

都内神楽坂某所、雑居ビルの五階にその事務所はありました。エレベーターを降りると小さなホールに出るのですが、そこは昼間でも薄暗く、なかなかにあやしい雰囲気です。湿気を含んだ薄暗がりに目を凝らすと、奥に「児童文学者協会」のプレートが貼られた鉄扉が浮かび上がってきます。質実剛健。なんの衒いもない造り。昭和の時代にタイムスリップしてしまったかのような佇まいです。

 僕がその扉——日本児童文学者協会の扉を叩いたのは2018年の秋、もう三年以上前のことです。第68期創作教室、その初日の講義に出席するためでした。

 当時の僕は四十八才。この歳になってこんなに夢中になれることが見つかるなんて思いもしませんでした。昼間、仕事の合間にメモしたアイデアを寝る前に文章に起こし、早起きしては推敲しました。文字通り寝る間を惜しんでの奮闘です。とはいえ出来上がった作品は未熟もいいところ。それ以前に物語を最後まで書き切ることがこんなに大変だとは知りませんでした。

 それでも書いては消し書いては消しを繰り返して、なんとか完成した作品を抱えて神楽坂へ向う時の充実感そして不安な気持ちは忘れません。

 教室での講義は合評形式で行われます。集まっているのはそれぞれ志を持って受講生ばかりですから、講師の先生も真剣勝負です。社交辞令だけでは済みません。鋭い指摘や時には厳しい言葉が飛び交います。ヘコむことがなかったと言えばウソになりますが、僕の場合とにかく自分の作品を読んでもらえることが嬉しくて仕方なかったです。何を言われても書いて書いて書きまくりました。

 創作教室では性別や年齢、仕事や家庭の状況、全て関係ありません。文章の巧拙だって関係ないのです。必要なのはただ一つ、創作への熱意だけ。それさえあれば素晴らしい経験ができること請け合いです。僕自身、創作の苦しみと喜びを知りました。己の未熟さと可能性を知りました。素晴らしい先生方や作品の数々、仲間たちと巡り合いました。そして、そこで得た学びや絆は今もさまざまな形で僕を支えてくれています。

 早いもので、創作教室を卒業してからもう二年が経とうとしています。そのあともずっと書き続け、最近ようやく手ごたえのある作品を書けるようになってきました。

 そしてこの度「5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語」第二期に入選することができました。とても嬉しいです。

応募する際に気をつけたことは山ほどありますが、ここではとっておきの秘策を一つ、そっとお教えします。どんな公募にも通ずるもので、これさえ守っていれば必ず目標が叶うという優れものです。

 それは……

「書き続ける」です。

 なーんだとお思いでしょうか? ですが、これは僕が創作教室で繰り返し学んだことです。そしてこれ以上強力なメソッドを僕は知りません。

 このメソッドを信じて僕はこれからも書き続けていくでしょう。

 全てはあの扉を叩いたことから始まったのです。

第68、69、70期創作教室受講生 

2022/02/07

公募入選、おめでとうございます ②

駅伝の如く   空 千佳子

 

出発点は、二十年ほど前の満月の夜。子どもたちを守りたい、という強い思いに駆られた。その数年後に、日本児童文学者協会に入れていただき、一日講座や実作通信講座を受講した。

多くの尊い同志と学び合い、無数に応募し無限に落選。締切りに追われ、目が回る日々。

「頑張ろう!」「もっと頑張ります!」「頑張りましょう、次回こそ!」

言い飽きるほど言ったし、聞き飽きるほど聞いた。

なぜ、頑張ってるんだっけ? ねえねえ、頑張るって何⁈

でも、『5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語』第二期に応募して、ようやく気が付いた。今まで、頑張っているフリをしていただけだった、と。

本当は、締切り二週間前に、一作品だけで応募しようとしていた。

ところが、あることが引き金になり、ひとり駅伝モードに突入。

「お前はもっと頑張れる」「俺はまだ生きてる」「お前、走れ!」「俺、走る~っ!」

もう踏ん張れないという時点から、更に踏ん張ってみた。初めての体験だった。

ギリギリで、三作品に増やして応募し、秋に結果が出た。

二週間で書き上げた内の一作品だけが入選し、残りの二作品は落選。

嬉しさ半分、焦り半分。なんで、ひとつだけ? 他のふたつは、なんで、だめ? 

いやいや、おごるなかれ。『三分の二は圧倒的に実力不足』というメタファーなのだ。

今、静かに、出発点の自分と向き合う。微力でも書き続けたい。子どもたちを守りたい。

すぅう、はぁあ……呼吸を整え、次の駅伝へ。

2022/02/04

公募入選、おめでとうございます

日本児童文学学校に感謝 小川メイ

わたしは2013年に41期の日本児童文学学校を受講しました。大学で児童文学を勉強しましたが、卒業して何年も経っていましたし、そもそも忘れっぽいこともあって、学びなおしたいと思ったことがきっかけです。普段はそんなに方向音痴ではないのですが、高田馬場という場所は自分の中の方位計がくるうらしく、会場に向かう度に、道に迷っていました。「ビルが多すぎて今どこにいるのかわかりゃしない。これだから都会は」などとぶつぶついいながら、地図を片手に坂をのぼったりくだったりしたことを思い出します。懐かしいです。その時に一緒に受講した仲間と、月一回の合評会を続けています。

この度、日本児童文学者協会と文渓堂の共同企画『5分ごとにひらく恐怖のとびら 百物語(第2期・仮題)』に応募し、ショートショートの部で2作品を選んでいただきました。ありがとうございます。

この公募への挑戦を決めたのは2021年の1月のこと。何作でも応募可ということでしたので、できるだけたくさん書こうと思いました。応募する前にだれかに読んでもらいたい。でも合評会は1人1作品までです。3月が締め切りなので、2月と3月を合わせても2作品しか出せない。むむむ……。そこで、わたしはずるをして、3作品を掌編集にして1作品として提出し、2月と3月の合評会で計6作品を読んでもらいました。みなさん優しいので、なにもいいませんでした。そして、そのうちのテーマに合ったものだけ応募しました。入選一覧に著名作家の皆様のお名前を拝見し、首をひっこめたカメのように縮こまっております。

新型コロナウイルスの流行前は、ずっと対面で合評を行ってきました。2020年3月から6月はやむを得ず中止にしましたが、7月からZoomを使ってオンラインでの合評を開始しました。最年長の方は89歳ですが、毎月Zoomで参加されています。物語を紡ぐ目的はそれぞれで、プロ志向の方ばかりではありません。でも、歩んできた人生が一人一人違うように、その人にしか書けない物語があり、そういう作品を読むことが毎回楽しみでもあります。

素敵な仲間と引き合わせてくださった日本児童文学学校に感謝しています。

 

公募

2022/02/02

第49期 日本児童文学学校・感想

チャンスを掴みたい     やまにしかおり

 私が児童文学学校に参加しようと思ったのは、本格的に小説家を目指そうと決意した直後のことでした。そのころ、自分がどんなジャンルを書きたいのか具体的に決まっておらず、とにかく片っ端から勉強しようと考えていたときに、偶然SNSで流れてきた児童文学学校のお知らせを見て、児童文学を学んでみたいと思いました。
 接客関係の仕事だったため日曜日は休みにくかったのですが、申し込みの段階ではやめるつもりだったため、「この機会を逃したらチャンスがないかもしれない」と勢いのまま申し込みしました。しかし結局仕事は辞められず、講座をリアルタイムで参加することがほとんどできませんでした。これに関しては、講師の方々や運営に携わって下さっている方々に非常に申し訳なかったと思っておりますし、ご負担もかけてしまったのではたいかと思います。
 欠席してしまった際は見逃し配信があったため、これまでの全ての回をあますことなく見ることができました。聞き逃してしまったところは何度も巻き戻して確認することができたのでありがたかったです。
 講義では「小説を書き続けていくために」というテーマで吉野万理子さんから貴重なお話を伺いました。特に印象に残っているのが、「本を最低年間100冊読もう」という言葉です。お恥ずかしい話ですが、5年ほど全く読書していなかったので、これを機に年間100冊の目標を掲げました。
 講評では、筑井千枝子さんや受講生の方から主人公が壁を乗り越えるシーンやほかのキャラクターとのやりとりをもっと描写すべきとのご指摘をいただきました。自分では意識していなかったところなので、大変勉強になりました。
 講師の方々が真摯に向き合ってくださり、受講生の方も熱意ある方たちばかりだったので、非常に刺激を受けました。もっと直接お話ししたかったです。
 
四月からの第50期の日本児童文学学校の募集はすでにはじまっています。オンラインで受講する形で、前回同様、見逃した方のためのオンデマンド配信もする予定です。みなさまのご受講をお待ちしています。

 

2022/01/15

創作教室、オンライン創作教室

2022年4月から開始の創作教室、オンライン創作教室は昨日、申し込みを開始し、即日、定員に達しました。

これからは、キャンセル待ちとなってしまいます。

この早さには、事業部一同も驚きました。

次の10月開始の申し込みは8月となります。

でも、それまで待てないという方は、日本児童文学学校をおすすめします。日本児童文学学校から創作教室に向かう流れの方は、とても多くいらっしゃいますから。

こちらは、まだ、定員に余裕があります。4月開始で、10枚までの自分の作品を読んでもらえます。早く申し込んで、作品を用意されるのも、ひとつの手ですよ。また、初めての方は、作品がなくても参加できます。

絵本からYAまで、エンタメから文学まで、幅広い刺激がうけれるので、連続で受講される方も、年々増えている講座です。

 

また、もう、見てもらいたい作品がある方は、実作通信講座もおすすめです。

こちらも、ほかとは違うところは、現役で活躍されている作家が指導してくださるところです。

講師の作家は指名することもできます。(指名が重なることもあり、必ずしも指名した講師にならないこともあるので、複数の方を指名されることをおすすめします)

自分のペースで作品を完成されるので、今年こそ公募を突破しようとがんばられている方などへとくにおすすめします。

2022/01/08

第73期 創作教室の感想

自由で、熱い   伊東 未夜

 

「書くこと」は、ながく、1人で戦うものだと信じていました。

しかし書いても書いても芳しい結果を得られないことに、虚しさや寂しさを、きっと感じていたのだと思います。

創作教室への受講を決めたのは、「何かが変わるはず」といった、少し漠然とした理由でした。

もちろん「『小説の教室へ通い始めること』で、デビューや受賞へ一気に近づくことができるのでは?」といった安易な期待は抱きませんでしたが……そう、「きっと何かが、何かが変わるはず!」。

そんな「前向きなドキドキ」と、「恐る恐る」が一緒になった気持ちで、地方からはるばる、定期的に東京へ通うことを決めました。

さて、期待と不安を胸に秘め、教室の扉を開けてみると……「作家志望」の仲間同士、互いの作品を公正かつ真摯に読み合う時間。

そこはぴりっとした緊張感と、自由さと熱心さに満ちていて、想像以上に特別な空間でした。

「作品を仕上げて提出をすれば、読んでもらえる!」

という大きな喜び。自然「書くこと」へと、正しく追い込まれていきます。

「読者」がいてくれることの心強さと感謝と……。

そして、そういった「合評の時間」を繰り返し共有することで、「仲間」とは、お互いに「戦友」のような絆も感じるようになりました。

 

「書くこと」は、やはり1人で戦うものだと今でも思っています。

けれど創作や作品について、本音で、とことん誠実に語り合える存在がいてくれることは頼もしく、何と温かな、熱い気持ちになれることでしょう!

ここに通い「戦友」たちと励まし、語り合って気付かされたこと、学んだこと、そして生まれた「ぴちぴちした」作品の数々。

 

最後に、そんな私たち一人一人を「書く仲間」としていつも尊重し、温かく応援して下さる先生方や事務局の方々の真心にも心からの感謝をお伝えしたくて、創作教室に通える謳うような嬉しい気持ちをここに記します。

 

「仲間がいて、自由で、熱い!」

 

2022年四月からの日本児童文学学校、創作教室、オンライン創作教室、実作通信講座の申し込みは、今日から受け付け開始です。

わからないことは、事務局まで遠慮なく問い合わせてください。

 

 

2022/01/07

あけましておめでとうございます。

2022年が始まりました。日本児童文学者協会、事業部は、いろんな講座を企画していきます。今年もよろしくお願いします。

さっそくですが、1月7日から、4月からの各講座の申し込みが始まります。

 

 

一番人気は創作教室。8名と人数がかぎられていますので、ぜひ、行きたいと思う方は、いそいで申し込まれるよう、お願いします。昨年は、8月の申し込み開始日に、満員となりました。オンライン創作教室も地方の方も参加できるので、同じく人気です。

まず、事務局にメール、それから指示にしたがって、振り込みとなっております。

この創作教室は、とてもたくさんの作家が生まれています。また、お互いの作品を読み込むので、受講生同士、仲間になれます。多くの同人誌、創作グループも生まれています。現役の作家が直接指導してくれるのも、ほかにはない魅力。出版社の傾向や編集者さんとの付き合い方など、多岐にわたる話が聞けます。詳細はホームページで確認してください。提出する作品をもっている方におすすめです。

 

 

 

また、4月から始まる日本児童文学学校では、講義と作品講評をくみあわせて、おこないます。児童文学ってなんだろう、って基本の話から始めますので、これから書き始める方、作品がまだない方も参加できます。

近年は、ある程度、書いている方が、もう一度、学び直したいと参加されることも多いです。

去年は、通いとオンラインとの組み合わせ、ハイブリット講座を考えましたが、音声の点で聞き取りにくいということがおきてしまいました。今年はオンラインのみの開催としたいと思います。ただし、見逃し配信がありますので、都合がつかない場合は、後日、視聴できます。

今回も双方向のオンライン講座なので、受講生から質問することも可能です。昨年と同様、雑談タイムで、受講生同士の交流もはかりたいと思ってます。

提出してもらった作品から最終日、最優秀作品を選びます。選ばれた作品は、機関誌日本児童文学に掲載されます! 規程の原稿料も払われますよ。

4月から9月まで、月に一度、日曜日です。詳細はホームページで確認してください。

講師陣も、絵本からYA、文学からエンタメと、いろんな分野での第一人者を起用しました。どの方も忙しい中、これから書く方のためならと時間をとってくれました。

またとない機会です。どうか、よろしくお願いします。

その他、実作通信講座というものもあって、こちらも人気なのですが、それはまたの機会に。

 

 

2022/01/04

第73期 創作教室の感想

創作教室に参加して 松代逢花

 同人誌に入ったこともなく、合評の経験のない私は、72期、73期(ただいま受講中)、創作教室に参加して、驚くことばかりでした。

 文章の上手さ、発想の豊かさ、そして創作に向き合う熱意。「よい作品を書く」という目標は一緒ですが、他の方達のレベルの高さに、小心者の私はかなり気後れしてしまいました。おまけにコロナの影響で、二回目から、創作教室は対面コースのはずがZOOMへ。パソコンの苦手な私は大騒ぎ。当日にちゃんと繋がるか心配だったので、大変恥ずかしかったのですが、事前に事務局の方に、繋げ方の練習をしていただきました。おかげで当日は無事に参加。とても助かりました。まったく手のかかる受講生です。

 そんな中でも、講師の濱野京子先生は、いつも的確で、温かなアドバイスをくださいました。

「読んで読んで書いて」「あきらめないで書き続けること」「何事も興味を持つように」等の言葉は(まだまだ他にもありますが)、ちょっぴりお茶目で、たくさんの活動をされている濱野先生が、よく私達に向けておしゃっていた言葉です。

 自分の視野の狭さや思い込み、知識のなさ、そして圧倒的な読書量の不足。おまけに原稿用紙の正しい使い方まで。それらすべてをこの創作教室で知り、教わりました。

 そして忙しい中、拙い私の作品を読んで、きちんと意見を言ってくれる他の受講生の方達。心強く、とてもありがたい存在であります。  

 私にとって、この教室は、書いていくうえで、一つの道しるべのような存在。

 目指す道のりはまだまだ遠いです。ですが、この大切な道しるべを頼りにして、あせらずにコツコツと進んで行こうと思っています。

2021/12/27

第73期 創作教室 感想

天の川と渡る舟の楫の葉に  樫葉正之

 

2021年4月から、第72期、第73期と参加しています。実は2020年も申し込んでいたのですが、コロナ禍の影響で中止になってしまったので1年振りに、今度こそ、というわけです。この間、事業部の方々には大変なご苦労があったことと拝察します。この場を借りて、開催いただいたことにお礼を申し上げます。

 

コロナ禍での特別編成ということで、第72期および第73期は、定員8名、月1回の開催となりました。これが吉と出て、毎回、2時間半だとは信じられないほど凝縮された合評が行われています。

また、緊急事態宣言が発令されればZoomで、解除されればリアルでと、いずれも経験できたことは貴重な財産になったと思います。

 

僕はいわゆるカルチャースクールに通ったこともありませんし、児童文学学校も未参加、同人誌にも未所属(児文協の千葉支部には伺わなければ……)、創作教室はもちろん初の参加となります。そうです、そんなひとでも参加OKなのです。

ですから、初回の日は、どんなだろうかと身構えて、千葉市の自宅から日本児童文学者協会事務局がある神楽坂に行ったことを覚えています。

なにしろ、全員が創作をしていて、さらに講師は濱野京子さん(「先生」とは呼ばないで、とのこと)です。これはストイックな場になるに違いない、ばちばちと火花が散り、ぴりぴりとした空気のなかで怒号が飛び交ったりするやも……。と、想像を巡らせていましたが、まったくそんなことはなく、初回こそ慣れない環境ゆえに異様な緊迫感があったものの、2回目以降は和やかな雰囲気で進行しました。

特に、参加してよかったと感じる点は、以下です。

 

①絶え間なく原稿が提出されること

②作品をより面白くするためにはどうすればよいか? を考えられる場であること

 

最初に、①はそれだけで刺激になります。毎回、実際に原稿が書かれ、提出されている。自分がこれだけ書いている間に、あのひとはこんなに書いている。提出作品を受け取る度、その実感も伴います。

そして、②はただ提出作品に対して良し悪しを印象批評するだけでなく、どうすればより面白くなるだろうか? と参加者全員で考えられる場に、創作教室がなっているということです。

 

普段は、児童文学創作をしていると当然(?)周囲に言うはずもなく、黙々と公募新人賞に向けて書く。作品を読んでもらったり、遠慮のない感想・意見をもらう機会もない。そんな風に、孤独に創作しているひとには強くおすすめできる場だと思います。僕以外、みなさん心優しい方ばかりです。

 

「天の川と渡る舟の楫の葉に思ふことをも書きつくるかな」

上記は、以前から執筆している物語の主人公がとても好きな和歌です。

僕はこれからも、天の川を渡る、創作という舟を漕ぐ楫の葉に、思うことを書いていきたいと考えています。

 

来年4月開講の第74期創作教室の講師は、田部智子さんです。日程など詳しいことは、お正月までには、ホームページで告知します。

申し込みは1月7日から。事務局にメールで確認して席をとってから、お振り込みをお願いします。コロナのため、定員が八名ととても少ないので、希望される方は、1月7日に申し込みされることをおすすめします。

第二回 オンライン創作教室の講師は、升井純子さんで、定員は10名。こちらも申し込みは1月7日までです。

2021/12/22

秋の一日講座感想⑥

待たずに動け!~秋の一日講座に寄せて    森木 林(もりき・りん)

本講座ご企画では、オンラインに加えて見逃し配信をして頂けたことが大変有り難かったです。海外の講師の方も可能だというオンラインの有難さも実感しました。講師の方々の貴重な実体験をインパクトあるタイトルの章立てでご紹介頂き、『書き続ける』ことの大切さと難しさを追体験させて頂きました。

本当にそこまでお聞きしてしまってよいのかな、という経緯まで詳細にお話頂いて、驚きました。ノンフィクション作品を作者ご自身に解説して頂いたような充実感で、5分間の休憩時間の終了が待ち遠しかったです(後日の動画配信の拝聴だったのですが、私の指が太いためか、なかなかピンポイントの休憩終了時間のタイムラインに触れられず、結局リピート再生続きになって、大人しく5分間の休憩終了を待つ方が早かったのでした。)
 講師の方々のお話から、あらゆる体験がどこかで作品の素材になること(むしろ、自分から素材にする!こと)や、漠然と書き続けるのではなく、各人各様の目標をしっかり分析した上で、その時代の出版事情にも合った実践的なアプローチが必要だと、色々な局面で、繰り返し教えて頂いたように思います。  
 自分が誰に向けて書いているのか、本当にこれから書いていきたい方向性を考えて書いたのか、正面からの自己分析を怠って、曖昧なままで、単に書くことだけに意識を置いていたことに気付きました。さらに、ひとつひとつの作品を「きちんと完成させる、それを続ける」、というシンプルな作業が、実は一番難しいのだと再認識いたしました。中途半端な書き流しばかりで、とりあえず書き続けているつもりになって、「推敲が必要だとわかってはいるけど、そのうち、そのうち……」で流すのではなく、少なくともその時点での自分の完成稿を目指すことを心がけたいと思います。書き続けるきっかけとしての締切の設定は、公募や講座受講や同人参加など様々ですが、参加で満足ではなく、その都度の自分の課題を設定して、少しずつ希望する方向に近づけたいです。

 同時に頑張りすぎない重要性も示唆して頂きました。どうしても昭和アスリート的な根性論が理想的だと錯覚してしまうのですが、本当に長く書き続けたいならば、心身のメンテナンスも肝心なのですね。地球外周はもちろん、お月さまへの旅も現実味を帯びてきた昨今! 長く色々な新しいビックリを楽しみながら、作品にのせていきたいです。講師の方々の貴重なご実践から、『待たずに動け! きっかけは自分で作るんだ!』という強いメッセージを頂いたように思います。机の前に書き出した紙を貼って、精進します。

講師の方々も、ご企画頂いた方々も、素晴らしいご講座を長時間ありがとうございました。

 

秋の一日講座の感想をくださった方々、お忙しい中、心よく書いていただき、ほんとうにありがとうございました。みなさんの言葉は、講師の方々や企画運営した事業部のメンバーをはげましてくれました。これからも、どうか、よろしくお願いします。

 

2021/12/20