講座ブログ

秋の一日講座 感想⑤

魔法の合言葉を頂いて 小野 光子

 

夏の告知以来、待ちに待っていた秋の一日講座「みんな、書き続けよう!」、参加させて頂きました。

 令丈ヒロ子先生、佐藤まどか先生の貴重なお話。そして、赤羽じゅんこ先生を交えてのトークライブ。画面のこちら側で声を出して笑ってしまうほど楽しく温かく、そして、深く。「失敗は種になる」「書き続けていれば、自分が書きたいものに、きっと出会う」等々。ハッとさせられる言葉の数々に、メモする手が止まりませんでした。

コロナ渦のこの二年、次第に心に差していった暗い影。それがいっきに吹き飛ばされていくような、視界が明るく開けていくような、陽のエネルギーを満タンに頂いた時間でした。誰にだって暗い夜はある。失望し絶望する夜がある。それでも大丈夫。書き続けられる、きっと。そう、背中を押して頂いた気がします。

書く上で、人生で、これからも色々なことがあるでしょう。でも、もう大丈夫なのです。何ものにも負けない魔法の合言葉を、私は頂いたのですから。

「さあ、書こう!」

皆様、本当に貴重な時間、素晴らしい講座をありがとうございました。

 

大好評だった秋の一日講座は、今、オンデマンド配信の受付中で、多くの方が利用されています。

受けとっておけば、1月末まで何度も視聴できます。ただ、申し込みは、12月25日までとなっていますので、お早めにどうぞ!

また、来年、4月からの日本児童文学学校、創作教室、オンライン創作教室、実作通信講座の告知は、お正月までにはしたいと思っています。

とくに現役作家から直接指導をうけれるということで大人気の創作教室、オンライン創作教室は、申し込み開始の1月7日に申し込むことをおすすめです。

まず、事務局に申し込みメールをして、席を確保してから入金という流れになります。よろしくお願いします。

ちなみに、創作教室の講師は田部智子さん、オンライン創作教室の講師は升井純子さんと変わります。

よろしくお願いします。

 

2021/12/18

秋の一日講座 感想④

書き続けるためのヒント! 小郷文子

 

 協会事業部主催の「秋の一日講座」を受講しました。令丈ヒロ子さんと佐藤まどかさんによる書き手・作家志望に向けた書き続けるヒント満載の企画でした。

 最初から衝撃的な内容で「樹海に迷い」「氷の海に落下」「死さえ意識」というそれぞれの凄まじい人生経験は、その時人間がどう感じ行動するかという人間理解に通じます。何度も挫折し心が折れるような思いに襲われても、ぶつかった壁を乗り越えて「書くことに変換する」心の強さには心が震えました。

 きっと私にとって執筆時の強力なお守り札になると思います。

 また、具体的なお話しから「作家になるならないではなく先に作品ありき」「次につながる新人賞を選ぶ」「新人賞に落ちたらちゃんと分析する」「受け身を磨き、あきらめない、さあ書こう!」などは自分自身も書けないいいわけをせず、素直さと謙虚さをもって作品を仕上げるしかないという反省と共に心に留めました。

 また、赤羽じゅんこさんを交え打ち解けた雰囲気の三人のトークショウにはとても共感! 時代性、社会性、何が求められていて、何が求められていないのか? を感じる「アンテナの感度」の大切さを受け取りました。

 長く書き続けるためのアドバイスでは、佐藤さんの「ひつこく諦めないけどムリはしない」、令丈さんの「ボツはこの世にない、在庫置き場に入れ別のアプローチをする」、赤羽さんの「書いている人のそばにいて刺激を受ける」は私の心にすうっと入ってきました。

 オンラインライブを聞き終えて、創作意欲を刺激され自分の気持ちも少し強くなったよう。また頑張ろうと思いました。貴重なお話しをありがとうございます。心から感謝です。新作の予定が次々ありお二人ともお忙しそうですが、体調にお気をつけください、そしてまたどこかでお話しをうかがいたいです。

 最後に協会事業部のみなさま、心躍る素敵な企画をありがとうございました。

                              

 

2021/12/16

秋の一日講座、感想③

みんな見て! としか言えない  渡川浩美

 一番大事な事なので、最初に書きます。

 秋の一日講座『みんな、書き続けよう!』オンデマンド配信中です。申しこみは12月25日まで、日本児童文学者協会事務局に「秋の一日講座、オンデマンド希望」とメールして下さい。来年1月末まで、何度でも視聴できるので、2000円をケチってはいけません。

 実はこの講座の告知があった頃、私は視聴を考えていませんでした。当日は(11月28日)リアタイ視聴ができません。見逃し配信がある事がわかったものの、その内容が自分の役にたつのか疑問でした。

 令丈ヒロ子さんと佐藤まどかさん。今をときめくお二人は「元々天才的な人で、凡人には真似できない秘訣があって、何より強運の持ち主なのだろう」という私の勝手な思いこみです。それでも申しこんだのは「せめて画面越しでも、お二人の強力なパワーを頂こう」という下心と『みんな、書き続けよう!』というテーマを無視できなかったからです。私自身年齢を重ね、デビュー当時と環境も変わり、この先を考えると不安でした。

 見逃し配信を視聴して結論から言うと、お二人のパワーは私の想像どころではありませんでした。令丈さんは「天才的な人」についても語り、佐藤さんの「打たれ強くなる」(受け身の技を取得する!)は、実体験も踏まえての解説で、必見。お二人とも、話の内容が具体的でわかりやすい分、衝撃の連続です。

 後半の、赤羽じゅんこさん司会による質問コーナーも、身に染みる内容でありながら、明るく楽しい和やかな雰囲気で、笑いつつも力が湧いてきます。

 私の文を読んでいる場合じゃありません。ぜひ、オンデマンドで、目で、耳で、この講座を体験し、実感して下さい。この講座で感じ取った事は、創作活動だけでなく、これからの人生の支えになる。あなただけの宝です。

 作家と作家志望だけでは、本当にもったいない。だから、みんな、見て!

 

2021/12/13

秋の一日講座 感想②

「YES! OF COURSE!」 うたかいずみ

「秋の一日講座」の講師は、大阪在住の令丈ヒロ子氏と、イタリア在住の佐藤まどか氏でした。講師のお二人の書き手への熱い想いが、ひしっと伝わってくる講座でした。  

大人気のエンタメ文庫シリーズなどでご活躍の令丈ヒロ子氏はご自身の過去の出来事を、「樹海に迷い込む」「氷の海に落ちた」などという言葉で表されました。書き続けるには、心の中へのインプットとアウトプットのパワーバランスが大切なこと。そして、「自分はこれを書くために生まれてきたのではないか」という作品に出合えるように、書き続けていかなければならないのではないかとのことでした。

佐藤まどか氏は、現代社会や登場人物の心の奥深くに迫る切り口が鮮やかな作品を、多く書かれています。パネルに掲示してくださった言葉は、「失敗は種! 種はケアしないと死ぬ。なので水をやろう。肥料をやろう。」「執念! 先に作品ありき。」「打たれ強くなる」などでした。そして、最後のパネルでは、「さあ、書こう! ARE YOU READY?」と呼びかけてくださいました。

わたしは、「YES! OF COURSE!」「WRAITE! REST! CONTINUE!」と、心の中で応えさせていただきました。

赤羽じゅんこ氏進行のもと、講師のお二人は参加者の質問にも、丁寧に答えてくださいました。お二人のご経験を拝聴し、心身を無理させないバランスを保ちつつ、向き合うべきテーマの作品をこつこつと書き続ける勇気をいただけました。貴重なお話をお聞かせいただいた講師の先生方や、お世話くださった協会事業部の皆さまに感謝いたします。

2021/12/11

秋の一日講座感想①

執念を誓ったあの日  岡沢ゆみ

 

 11月28日にオンライン受講した『秋の一日講座 「みんな書き続けよう!!」イタリア×大阪×東京 オンライン作家ライブ ここだけの話』は、期待どおり、いやいや、期待以上に、楽しく、有意義な時間を過ごせました!

 講師の令丈ヒロ子さん、佐藤まどかさん、お二人ともが、デビューから今日に至る道のりを、公私を織り交ぜて、かなりぶっちゃけて、お話して下さいました。その語り口がなんともお上手というか、面白くて、どんどん引きこまれてしまいました。あれほどの作品を生み出されているお二人が、まさかご苦労されていたとは夢にも思わず、こういっては大変畏れ多いわけですが、おなじ書き手の端くれとして、シンパシーを禁じ得ず、勝手ながらも大いに親近感を抱いてしまったのでした。

令丈さんが、エンタメ作品とは娯楽であり、楽しみやなぐさめを読者に提供するものだ、とおっしゃったのは、筆者の腑にストンと落ちました。読み終わったときに、読者に「あ~、面白かった」と思ってもらえる作品がエンタメ作品であり、読後に作者が伝えたかったことが読者のこころに残る作品が、エンタメ以外の作品だとおっしゃるのを聞きながら、今後どんな作品を書いていきたいのか、どんな作品を書くのが自分には向いているのか、いまだに迷いの多い筆者は、ふと感慨に耽ってしまいました。

佐藤さんのおなはしは、人生の失敗も、執筆における失敗も、すべて肥やしにして書いていこう! というものでした。失敗は、そのままにしておけばただ傷跡として残るだけだが、そこに水をやり肥料を与えてちゃんと育てれば、いずれ作品として実をつけるということを、ご自身の経験を踏まえてお話して下さいました。佐藤さんが、受賞を逃したり、ひとりの編集者によってボツになったりした作品も、決して打ち捨てたりせず、方向性など検討、調整しながら、改めるところは改め、あきらめずに売りこむ勇気やガッツが必要だ、とおっしゃるのを聞いて、筆者はあの日メモに『執念!』という文字を黒々と書き入れたのでした。

ときには自信を失い、ときにはなにを書いたらいいかに迷い、書き続けることが困難に思える日もありますが、あの日はお二人のおはなしをうかがい、まだまだ頑張るぞ、と胸を熱くすることができました。ありがとうございました!

あぁ、一度や二度や三度や四度……の挫折であきらめてなるものか。

 

秋の一日講座の感想をこれから順番に掲載していきます。ぜひ、読んでみてください。

また、本講座は11月28日に修了しましたが、オンデマンド配信は、12月25日まで受け付けています。オンデマンド配信は、1月末まで何度でも視聴できます。気になった方は、事務局までメールでオンデマンド配信希望と申し込んでください。

2021/12/10

秋の一日講座、オンデマンド配信、申し込めます

11月28日におこなった秋の一日講座、『みんな、書き続けよう!!』イタリア×大阪×東京 作家ライブ ここだけの話は、大好評で終了しました。

申し込みは定員を大きくこえました。また、作家として活動している方も多数申し込んでくれました。かなり人気のある、実力派の作家さんもいらっしゃいました。

講師の令丈ヒロ子さんが、キャリア31年、ずっと第一線で活躍されているということで、長く書き続けたいと思う方がいらしたんだと思います。

講座は、令丈ヒロ子さんは、ご自分のデビューの頃から、エンタメと文学の違いまで、とても楽しくひきこまれる表現で話してくださいました。

いやー、驚くこともたくさんありましたよ。

また、佐藤まどかさんは、失敗の種をどう大切にしたらいいか、受け身のしかたといって、ご自身のたいけんをさらけだして、文学的うんちくをまじえ、話してくれました。

トークショーは、質問にお二人が答えてくださってます。デビューされた作家の方の質問もあり、なかなか深い内容にもなりました。

作家や作家をめざす人たちを励ましてくださる内容で、ツイッターの#秋の一日講座には、リアルで聞いた方々の声が集まりました。

よかった! 書いていこうと思った、がんばろうと思った、などなどです。

書き続けようと思われた方が、多かったようです。

わたしもとても興奮しました。自分のブログに感想を書いたので、よかったら読んで見てください。↓

赤羽じゅんこの三日坊主日記 (goo.ne.jp)

このツイッターを見て、オンデマンド配信を希望される声がでたので、講師の許可をいただき販売いたします。

秋の一日講座、『みんな、書き続けよう」オンデマンド配信。 

価格 : 二千円

申し込み期間 :  12月1日から25日まで 

事務局まで、秋の一日講座、オンデマンド希望として、メールをください。

その後、二千円のお振り込みを確認しだい、メールでオンデマンド配信をお送りします。

配信は、VIMEOというシステムで、1月末まで視聴可能です。(それ以降は見られなくなります)

配信を買っておいて、お正月休み、ゆっくり見ることもできます。

本当に、おすすめの講座です。ぜひぜひ、申し込みください。

 

2021/11/30

秋の一日講座、質問、〆切りました

11月28日日曜日の秋の一日講座は、大好評につき、定員以上の申し込みがありました。

事務局のご好意で、あと、もう少しだけ、定員枠を広げて、受け付けてくださるそうです。

 

熱い質問がたくさん、集まりました。

本音の質問もきました。

人気作家のおふたりだからこそ、聞きたいと思われる質問で、当日がとても楽しみです。

まだ、質問しようと思っているかたもいたかもしれませんが、ここまでで、質問〆切りといたします。

 

2021/11/15

秋の一日講座、質問受付中です

質問、まっています

11月28日 15:00からオンライン、見逃し配信、有り(一週間)

秋の一日講座、「みんな、書き続けよう!」

       イタリア × 大阪 × 東京 作家ライブ

おかげさまで、ぞくぞく参加者が集まっていますが、まだ、もう少し間に合います。

オンライン受講、希望される方は、事務局にメールしてから、申し込みください!!

児童文庫のパイオニア、作品はアニメ化もされた人気作家、令丈ヒロ子さん

イタリア在住、斬新なテーマの作品を次々発表し続けている実力派 佐藤まどかさん

ここでしか聞けない話をしますよ。

おふたりのトークを聞いた後、トークショーは、みなさんの質問をもとにおこないたいと思ってましたが、ピンチです。

この質問、集まりが悪い。

でも、これは、またとないチャンスです。あなたの質問が採用されます。

小さなことでもいいので、質問をよせてください。事務局まで、「秋の一日講座、質問」とかいてメールください。

・エンタメと文学とちがうの?

・一度落ちた作品は、他の公募にだしてもダメ?

・自分ではおもしろいのに、どうして通らないんだろう

・書き始めは調子がいいけど、最後までいきつかない。どうしたらいい?

そんな、こんな、どしどし書いてください。(↑の質問は、赤羽が即興で考えただけで、実際に集まった質問ではありません。)

 

 

実名でお願いしますといってますと書きましたが、ちょっと緩和します。

どうしても恥ずかしいという方は、イニシャルだけでもOK。

ぜひぜひ、どんどん質問をお願いします。 

 

 

2021/11/01

秋の一日講座 佐藤まどかさんより

イタリアからこんにちは  佐藤まどか

コロナ禍も長引き鬱々としますが、オンラインによるトークやイベント、ミーティングが定着したのは素晴らしく、どこからでも気軽に参加できていいですよね。

11月28日のオンライン一日講座・第1部で、大阪の令丈ヒロ子さんに続いてイタリアからお話をさせて頂きます(時差があるので、こちらは朝です)。また第2部では、東京の赤羽じゅんこさんもご一緒に三人でトークをさせていただきます。


 第1部で私がお話ししたいのは、「失敗は種」ということについてです。人生や執筆上の失敗は種であり、水を与えなければそのまま死にますが、水や肥料をせっせと与えればやがて大きな実がなるかもしれません。(成功という言葉が苦手なのであえて種と呼びます)。自分の失敗や苦労話をもとに、具体例をお話ししていく予定です。打たれ強い精神力は大事ですが、受け身を覚える(痛みを減らす技)、攻め技(自分の得意なものを見極める)を覚えるというポイントもあるのではないでしょうか。この後者に関しては、「誰に向かって書くのか」という、対象年齢のことにも触れたいと思います。

 

令丈さんは作品がTVアニメや劇場版アニメ、ドラマ化もされた超売れっ子作家さんです。一方私はちょっと変わった児童文学、主にYAを書いております。また赤羽さんは児童文学作家の大先輩です。第2部では、違いながらも互いに影響しあって、参加者のみなさんの執筆エネルギーが倍増するような3者トークにしたいと思います。「みんな書き続けよう!!」という講座のテーマ通り、書き続けていくための参考になれば幸いです。

 事前に質問も受け付けておりますので、日本児童文学者協会宛てにどしどしお送りください。皆様のご参加をお待ちしております!

 

佐藤まどかさんは、昨年、日本児童文学学校の講師にきていただきたいとお願いをしました。それがコロナのため、日本に来ることができなくなり、とてもざんねんに思っていたのですが、今回、オンラインイベントで、登壇してもらえることになりました。

人間よりヒツジが多いところに住んでいるとおっしゃられる佐藤まどかさん。イタリアにいながら、日本の子どもたちの心理をどうつかんで書いていっているのか、本音にせまりながら聞いてみたいと思います。

質問もどうぞ! お待ちしています。

2021/10/17

秋の一日講座 令丈ヒロ子さんより

秋の一日講座によせて 令丈ヒロ子

こんにちは、令丈ヒロ子です。コロナウイルスの影響で、リモートによる打ち合わせや取材、イベント出演などのお仕事が増えました。時にはトラブルに対応できなかったり不便なこともありますが、とてもよいこともあります。

 

十一月の秋の一日講座で、イタリア在住の佐藤まどかさん、東京の赤羽じゅんこさんと、オンラインライブをすることになったのです。お二方ともお会いしたかったし、以前から、一度じっくりお話できたら楽しいだろうなと思っていましたので、これが実現できるのは嬉しい!

 

 どんなお話をするか、お二方と事業部のみなさんと話し合いをした結果、書き手、また作家志望の方に元気になってもらえるようなお話がいいんじゃないかと、おおいに盛り上がりました。

『みんな書き続けよう!!』というタイトルも、その思いからです。

 

わたしの目標は、読者に「明日も生きる!」気持ちになってもらえるようなお話を書くことですが、それを目指すようになったきっかけ。また、ぶつかった壁や、ブラックな体験。(シリーズものの依頼で三冊分、約1000枚書いたが、ボツになったとか……思い出してもへこみます。)エンタメと児童文学のちがいってなに? 今、創作について考えていること、などなど。

この機会に今まであまりしたことのないお話をさせてもらおうと思います。

 

質問にも佐藤さんといっしょにお答えします。創作に関する迷いや悩み、また創作以外にことでも、できるだけお答えしたいと思いますので、お寄せ下さい。ご参加お待ちしております!!

 

秋の一日講座は人気があり、早くから申し込みをいただいておりますが、まだまだ申し込みを受け付けています。

オンラインで見逃し配信もあります。作家の本音が聞けるこの講座、ぜひ、ご参加ください。

あなたの質問に、人気作家が答えてくれます。どんな質問でもOK (執筆、読書、子どもに関すること)

質問は、メールで児文協事務局に申し込みください。一日講座質問と書いて、本名でお願いします。

まだまだ空きがありますよ。

ふるってご質問をお待ちしています。

 

2021/10/14