編集部だより

栃木では・・・まだブルブルですけど。

 春先の三寒四温かな? と思いながら、桜の花を待っている今日この頃ですが、『日本児童文学』3・4月号はいかがでしたでしょうか。そう、聞くまでもありませんよね。実は大好評なのです。特集の「絵本テキスト考」を楽しみにしていた、絵本作家を目指す人たちが大勢いたのです。ある研究会で好評なのを実感することができました。

 まあ、依頼原稿を受け取った時から、好評の予感がありましたけどね。この号を読めば、参考になる絵本や絵本作家の考え方、そして絵本テキストの書き方までわかります。あとは、絵本作家を目指す人たちの個性がどこまで発揮されるかにかかっているでしょう。今年も4月1日から「絵本テキスト大賞」の募集が始まります。締め切りは6月末日です。詳しくは『日本児童文学』3・4月号でご確認ください。

 そうそう、ゴールデンウイークの5月3~5日、今年も「上野の森親子フェスタ」が開かれます。5月5日の日本児童文学者協会のブースでは会員の作家たちのサインセールが行われます(前回も宣伝させてもらいました)。今回はワークショップ、読み語り、本格的な占いなどのアトラクションまであります。もちろん、『日本児童文学』3・4月号も販売しています。               (編集長 高橋秀雄)

2017/03/14

もうすぐ春ですね……

 4日は立春です。もうすぐ春ですね。
 遅くなりましたが『日本児童文学1・2月号』はいかがでしたでしょうか。
 今号から、前編集長いずみたかひろ氏の後任として、高橋が引き継がせてもらいました。頼りない編集長ですが、強力な部員の方々が支えてくれています。前編集長いずみたかひろさん、元編集長の西山利佳さん、海沼松世さん、木村研さん、次良丸忍さん、野澤朋子さん、間中ケイ子さん、みおちづるさん、茂木ちあきさんがメンバーです。新しい『日本児童文学』をどうぞよろしくお願いします。
 機関誌はもう、7・8月号の原稿依頼に入るところです。その早さと時間の無さにまだ戸惑っています。それに加えて、出版業界同様に『日本児童文学』の発行部数の減少をいかに食い止めるべきかという課題を背負っています。
 しかし、5月5日の「上野の森親子フェスタ」でのPR活動と販売など、手をこまねいているわけではありません。チラシの活用、7・8月号から設けた「読者のページ」で頂く予定の『日本児童文学』の感想を反映させて、より読者のみなさんに寄り添える機関誌にしたいと考えています。ご支援、お願いします。
 という、真面目なお願いですが、新編集長には3月からの「釣り解禁」も重要なんです。川のせせらぎが聞こえて来て困っている今日この頃です。

2017/02/03