編集部だより

2021年08月

「猫」の掌篇作品へのご応募、ありがとうございました☆

機関誌部ブログをご覧のみなさま、こんにちは。山﨑です。

 みなさん、暑い日が続いていますが、お変わりありませんか?

 コロナ感染者数の急激な増加に不安な毎日を過ごしています。感染拡大防止のためのマスク着用も大切ですが、この時期は熱中症にも注意しなければなりません。私は歩いて10分の図書館へ行く時も水筒を持参し、こまめに飲むよう心掛けています!

 

7月21日(水)に、第13回編集会議をオンラインで行いました。

今回は編集委員・小川英子さんからの、会員の皆さんへメッセージ&編集会議の報告です。

そして、ぜひタイトルをクリックして写真もお楽しみ下さい! 間中さんの“ぬいぐるみお猫ちゃんズ”が仲良くお散歩♪ 『日本児童文学7・8月号』も夏の日差しを浴びて気持ちよさそうにしていますよ!

 

**************************************

 

四年ぶりの編集委員の小川英子です。

はじめて編集委員になったのは、もう十年も前のことです。古!

それは『日本児童文学』で、二人目の女性編集長になった西山利佳さんの時でした。ちなみに初代の女性編集長は、ファンタジー作家で評論家のきどのりこさんでした。

そして今期の奥山さんが三人目の女性編集長です。

歴代編集長はそれぞれ誌面の改革や特集内容の刷新を進めてきました。今、奥山編集長になってさらに新しい試みに果敢に取り組んでいます。親しみやすい俳句や短歌の掲載、作家を志す人たちを励ます「ただいま修行中」、今の子どもたちの本への関心を探る「まちかど子どもインタビュー」の新連載もはじめました。表紙の刷新も検討中です。

編集委員会のメンバーもそれぞれ専門分野の方ばかり。いろいろな提案があって、活発な議論が交わされています。

 

さて、私のもう一つの顔は、故郷の新潟県糸魚川市で街づくり団体の代表をしていることです。それは「糸魚川の町屋文化を守り伝える会」(略称 町屋会)という市民有志団体で、昭和初期の町屋の面影をそのまま残している私の実家、旧倉又茶舗を中心に活動しています。

今までに詩の朗読会や絵本の原画展、絵本とマリンバのコンサートなどを実施してきました。

今は夏まつりや旧盆を迎える時期で、いつもなら旧倉又茶舗をお休み処として開放し、町屋会スタッフが常駐して町屋案内をしたり、蚊帳のなかで百物語を語る怪談会をしたりするのです。

でも、新型コロナウイルスの感染予防のため、残念ながら企画は何もできません。帰省もずっとしていません。

このコロナ禍が落ちついたら、また何か企画をしたいと思っています。

そして、旧倉又茶舗の公開も今は母屋だけですが、いずれ蔵の公開もできたらと考えています。

蔵のなかに図書館のように蔵書をならべて、自由に閲覧できるようにできたらいいな、夏は梁にかけたハンモックに寝そべりながら、冬はストーブにかけた鍋のスープを味わいながら……いえ、地酒の熱燗でもいいのですが……のんびり本を読む、そんな夢を描いています。

 

**************************************

 

☆「猫」の掌篇作品募集の経過報告☆

 

猫の掌篇募集にたくさんのご応募、ありがとうございました。

六月末の〆切までに、なんと四十六篇が集まりました。

素晴らしーい!

掌篇の募集は今までもありましたが、これほど多く集まったのは初めてではないでしょうか。編集委員一同、感激です。

作者名を消した原稿のすべてに目を通しました。猫の特徴を活かした作品や猫の目からみた社会批判、主人公が猫になる作品があれば、猫が人間に変身する作品もあり、バラエティに富んでいました。

応募数が多かったので、七月編集委員会は一次選考となり、約三分の一に絞りました。

最終選考は次回、八月の編集委員会です。絞った作品を再度読み込んで、掲載にふさわしい作品を討議します。

また、作品の掲載をもって発表とするだけではなく、一次通過者名を含む選考経過報告&選評のページを設けることになりました。

今しばらく発表をお待ちください。

 

編集委員・小川英子

 

**************************************

 

☆祝! 小川英子さん☆

小川英子・作『王の祭り』(ゴブリン書房)が2020年度「第5回日本子どもの本研究会作品賞」を受賞されました。おめでとうございます!

日本とイングランドを駆け巡る壮大な歴史ファンタジーです。

少年ウィルが妖精と出会い、エリザベス女王や織田信長、出雲阿国と関わっていきます。時空の歪みに振り回されながらも、それぞれが己と正面から向き合い、葛藤しながら決意していく姿に、読む手が止まりません。

初めの方で登場するウィルのおばあちゃん、ばばちゃんがとても魅力的です。ばばちゃんの「ひげ」と「呪文」がファンタジーへの扉を開けてくれます!

また、有名な歴史上の人物がとても身近に感じられ、もう一度時代の流れを学びなおしたくなりました。歴史好きな方はもちろん、苦手な方にも是非オススメしたい物語です☆ 

 

 

【お知らせ】

Zoomオンライン『日本児童文学』を読む会

 

【日時】8/31(火)18:30~20:00

【テーマ】 2020年7-8月号

【ホスト】 奥山恵(編集長・評論家)

【ゲスト】 東野司(編集委員・作家)

【申し込み方法】 メールにて megumiokuyama18@gmail.com

 

 

 

次回の部会は8月18日です。

また、ご報告いたします!

 

山﨑

≫ 続きを読む

2021/08/07