イベント

第8回 連続トークイベント子どもの本のひみつ 3/28開催

第8回 連続トークイベント 子どもの本のひみつ

       -幼年からYA文学まで-

 子どもの本について語り合う連続トークイベント、第8回目は「幼年文学からYA文学まで」をテーマに語り合います。児童文学には、小さな子どもから大人まで幅広い読者がいます。創作にたずさわっている作者や子どもたちに物語を手渡そうとする大人たちは、子どもの発達の特性をふまえて、物語の内容や書き方に配慮をしているのでしょうか?
 ユーモアあふれる幼年文学からシリアスなYA文学まで、幅広い創作で活躍中。
 子どもたちにも大人気のおふたりの作家、村上しいこさんといとうみくさんに、お話を伺います。
 児童文学の中心ともいえる分野でありながら語られることの少ない幼年文学を出発点に、児童文学の特徴や創作の秘密について、考えるきっかけになったらと思います。

◆日時 3/28(土) 14時~16時 (受付13時半~)

◆会場 名古屋市公会堂 第2集会室
      〒466-0064 名古屋市昭和区鶴舞1-1-3 
                 TEL:052-731-7191(鶴舞公園内)
    ・地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」下車4番出口 徒歩2分
    ・JR中央線「鶴舞駅」下車 徒歩2分

◆トークゲスト 村上しいこ、いとうみく  (司会 林美千代)

*プロフィール
 村上 しいこ 三重県松阪市在住。「かめきちのおまかせ自由研究」(岩崎書店)で日本児童文学者協会新人賞受賞、「れいぞうこのなつやすみ」(PHP研究所)でひろすけ童話賞受賞、「うたうとは小さないのちひろいあげ」(講談社)で野間児童文芸賞受賞、「こんとんじいちゃんの裏庭」(小学館)で日本児童ペンクラブ少年賞受賞。「ねこなんていなきゃよかった」(童心社)など多数。

 いとう みく 神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第 39 回日本児童文芸家協会賞を受賞。『二日月』(そうえん社)が第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書、『チキン!』(文研出版)が第63回同コンクール選定。主な著書に『かあちゃん取扱説明書』(童心社)、『車夫』(小峰書店)、『きみひろくん』(くもん出版) など。近刊『朔と新』(講談社)、『まいごのしにがみ』(理論社)。「季節風」同人。

・参加費 500円(中部児童文学会会員は無料)

・定員 40名

* 以下の本を読んで参加くださるとより楽しく参加できると思います。
・村上しいこさんの本
  『れいぞうこのなつやすみ』、『かめきちのおまかせ自由研究』、『図書館の日曜日』(講談社)、『うたうとはちいさないのちひろいあげ』

・いとうみくさんの本
  『おねえちゃんってもうたいへん』シリーズ(岩崎書店)、『糸子の体重計』、『カーネーション』(くもん出版)、『車夫』


■共催 日本児童文学者協会 研究部 ・中部児童文学会

お問い合わせ、お申込み先 ☞ 日本児童文学者協会 事務局
TEL03-3268-0691 FAX03-3268-0692 zb@jibunkyo.or.jp


 

2020/02/03

登戸研究所資料館見学 参加者募集 3/7開催

登戸研究所資料館見学 参加者募集

登戸研究所資料館展示専門委員の渡辺賢二さんにご案内いただき、資料館のほか、キャンパス内の跡地も見学し、教室でお話をうかがいます。

*登戸研究所は、戦前に旧日本陸軍によって開設された研究所です。秘密戦兵器・資材を研究・開発していました。正式名称は第九陸軍技術研究所ですが、研究・開発内容を決して他に知られてはいけなかったために、「登戸研究所」と秘匿名でよばれていました。(公式㏋より)

■日時 3月7日(土)13時~16時30分 

■集合 登戸研究所資料館に直接時間までにいらしてください。
    明治大学生田キャンパンパス内(大学までは生田駅より徒歩10分程度)
    *委員会のスタッフは12時30分に生田駅に集合して行きますので不案内の方は合流してください。

■定員 25名(定員になり次第締切)

■申し込み 日本児童文学者協会事務局 03-3268-0691 zb@jibunkyo.or.jp

■主催 日本児童文学者協会 子どもと平和の委員会
2020/01/11

第7回 連続トークイベント 子どもの本のひみつ 1/11開催

連続トークイベント 子どもの本のひみつ 第7回
- 児童文学の中の図書館 -

 

 創作の秘密や子どもの本の知られざる魅力・意義について語り合う連続トークイベント、第7回目は「児童文学の中の図書館」がテーマです。児童文学の関係者にとっては、切っても切り離せない図書館ですが、実は、児童文学に限らず、図書館を舞台にしたもの、あるいは図書館が重要な役割を果たす作品は、少なくありません。最近では、映画『ニューヨーク公共図書館』や、中島京子さんの一般文芸書『夢見る帝国図書館』なども話題になりました。
 今回は、スペイン、中南米の絵本、児童文学から一般文芸書まで多くの翻訳書をお持ちで、図書館と深くかかわる物語『雨あがりのメデジン』を翻訳された宇野和美さんと、図書館司書としての経験を持ち、公共図書館を舞台に作品を書いている作家池田ゆみるさんのお二人をお招きしてお話を伺います。作品の中で、図書館はどのように描かれてきたのか、また、図書館にまつわる物語から私たちが何を得てきたのか、具体的な作品を通して考えたいと思います。

できれば、以下の本をお読みの上、ご参加ください。
 ○宇野和美さんの翻訳書
 『雨あがりのメデジン』(アルフレッド ゴメス=セルダ作/すずき書店)
 『フォスターさんの郵便配達』(エリアセル・カンシーノ作/偕成社)
 『太陽と月の大地』(コンチャ・ロペス=ナルバエス作/福音館書店),
 ○池田ゆみるさんの著書
 『坂の上の図書館』『川のむこうの図書館』(いずれも、さ・え・ら書房)

・日時 2020年1月11日(土) 14時~16時 (受付13時半~)

・会場 藤沢市南市民図書館 会議室 (小田急線藤沢駅南口 ODAKYU湘南GATE 6階)
(〒251-8570 神奈川県藤沢市南藤沢21-1 ℡:0466-27-1044)


・トークゲスト 宇野和美 池田ゆみる (司会 濱野京子)
 
プロフィール
宇野和美
東京外国語大学卒業後、出版社勤務を経て、スペイン語の翻訳に携わる。『ベラスケスの
十字の謎』(徳間書店)、『マルコとパパ』(偕成社)、『おにいちゃんとぼく』(光村教育図書)、
『民主主義は誰のもの』(あかね書房)など、児童書を中心に40点以上の訳書がある。

池田ゆみる
神奈川県出身。『空が燃えた日』が『鬼ヶ島通信』47号で入選。デビュー作『坂の上の図書館』(さ・え・ら書房)が埼玉県推薦図書、ならびに茨城県推薦図書などに選ばれる。日本児童文学者協会、JBBY会員。児童文学同人誌「ももたろう」同人。

・参加費 無料
・定員30名 (要予約 申込み 藤沢市南市民図書館 0466-27-1044)


・共催 日本児童文学者協会 研究部 ・ 藤沢市南市民図書館
 

2019/11/25

【お詫びと訂正】児童文学同人誌フェスタの連絡先について

● お詫びと訂正

12/1に開催する第6回児童文学同人誌フェスタの申込先のメールアドレスに、誤りがありました。

誤)e-mail : kobe2019@zeuz.eonet.ne.jp


正)e-mail : kobe2019@zeus.eonet.ne.jp

以後、このような事がないように気を付けます。
何とぞよろしくお願いいたします。


(一社)日本児童文学者協会



 

2019/10/15

【終了】 糸魚川児童文学セミナー 9/21・9/22開催!

糸魚川 児童文学セミナー
― 子どもの本を読む・見る・語る ―



 国の石ヒスイを産出し、古くは古事記にも登場する奴奈川姫(ぬなかわひめ)の伝説が残る新潟県糸魚川は、フォッサマグナの一方の端でもあります。日本の東西の境界線上に位置する糸魚川に児童文学の創作をめざす人、子どもたちに本を手渡す活動をしている人、そしてこの機会に子どもの本についてもっと知りたい、学びたいという人たちが集まります。みんなで児童文学を読んで、見て、語り合いましょう。

☆Facebookでも、随時情報更新しています。そちらもご覧ください。


  ■日時 2019年9月21日(土)・22日(日)

  ■会場 《1日目》ヒスイ王国館、 《2日目》ビーチホールまがたま

  プログラム
  1日目 全体会(参加費1000円 高校生以下無料)午後1時半~5時半
  ・オープニング 絵本『月夜のバス』(杉みき子・作 黒井健・絵 偕成社刊)朗読 
  ・記念講演   「ことばの力と絵」黒井 健
  ・トークイベント「子どもの本のひみつ」 横沢 彰・吉野万理子
  *交流会も予定しています。(参加費4500円)

  2日目 分科会&公開イベント 午前10時~午後3時
   分科会…参加費1000円 高校生以下無料(実作指導講座で作品提出をする場合は+1000円)
   ・絵本を読み解く講座 ・物語を読み解く講座 ・創作入門講座
   ・実作指導講座
    (実作指導講座は、定員になりましたが、申し込みがさらにありましたので、
     第2実作指導講座を作りました。講師は、藤田のぼる氏。時間は13:00~
     15:00 会場は、ホール裏の楽屋です。テーブルと椅子があり、こじんまり
     とした静かな環境です。作品提出有り2,000円、作品提出無し1,000円で、
     まだ若干名、受け付けています。


《藤田のぼるプロフィール……評論家、作家。著書に『みんなの家出』など。秋田県出身》
  
    公開イベント…参加費無料(勾玉作り体験のみ実費500円)
   ・ビブリオバトルをしよう ・999ひきのきょうだいを作ろう
   ・絵本の読み聞かせと昔語りの部屋 ・クイズ&閲覧室   
   ・世界ジオパーク糸魚川の部屋 ①石に絵を描こう ②勾玉を作ろう
       *両日とも保育あり。(事前申込制)

  ★詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。→ パンフ表 パンフ裏

【お問い合わせ・お申し込み先 】〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
(一社)日本児童文学者協会 TEL03-3268-0691  E-MAIL zb@jibunkyo.or.jp


◆主催 日本児童文学者協会 ◆共催 糸魚川セミナー実行委員会
◆後援 糸魚川市・BSN新潟放送・新潟日報社・上越タイムス社・(公社)全国学校図書館協会・紅梅文庫を活用する市民の会・糸魚川の町屋文化を守り伝える会

*この活動は「子どもゆめ基金助成活動」です。

 

2019/08/13

第6回 児童文学同人誌フェスタ 12/1開催

● お詫びと訂正

第6回児童文学同人誌フェスタの申込先のメールアドレスに、誤記がありました!

誤)e-mail : kobe2019@zeuz.eonet.ne.jp

正)e-mail : kobe2019@zeus.eonet.ne.jp

​以後、このような事がないように気を付けます。




第6回 児童文学同人誌フェスタ のご案内

 第6回児童文学同人誌フェスタをご案内いたします。これまで東京で催されておりましたフェスタが、このたび神戸で開催されることとなりました。同人誌で活動されている方も、日ごろお一人で書いていらっしゃる方も、ぜひ、ふるってご参加ください。


◆日時 2019年12月1日(日) 午後2:00~午後5:30 


◆受付 ブース設営の同人誌 午後1:00~ 講演会参加 午後1:30~


◆場所 ラッセホール  5F 会議室 (〒650-0004  兵庫県神戸市中央区中山手通4-10-8)


※第一部 山本悦子氏講演会&質疑応答  午後2:00~3:15 (定員100名)    

  演題 ☆わたしが作家と名乗るまで~同人誌「ももたろう」と歩いた25年~


※第二部 参加同人誌の自己紹介タイム   午後3:15~4:15


※第三部 フリーマーケット 交流会    午後4:15~5:30

 同人誌のフリーマーケットです。参加した同人(会員)の同人誌やアンソロジー・個人著書の売買やお披露目と同時に、さまざまな同人誌仲間との交流、歓談、よろず相談の場としてもご活用ください。


※懇親会  ラッセホール1F レストラン・リビエラにて  午後6:00~8:00


☆参加費 ブース使用料…1同人誌につき3000円 講演会参加…1人1000円 懇親会…1人4000円

 第三部のみ参加されるかたは無料です。ご興味がおありのかたはご遠慮なくおこしください。


◎申込先     e-mail : kobe2019@zeus.eonet.ne.jp

         fax:079-423-1853 (担当 関西センター うたかいずみ)             


◎申込締切     10月25日


☆詳細は申し込みいただきました後、ご連絡させていただきます。

 

2019/08/09

【終了】 道徳教科化以後~教育の現場で~ 7/28勉強会開催

道  徳  教  科  化  以  後
~  教育の現場で  ~


子どもと平和の委員会勉強会

いまの子どもたちは学校で、何をどんなふうに学び、どう受け止めているの?
私たちの時代とは随分と様変わりしている? それとも、実は大して違わない?


 児童文学に携わる上で気にせずにはいられないこういった問いに、今回は、2018年度に教科化した道徳に関する話題を中心に、児童文学を愛する現役小学校教諭2名の方をお招きしてお話を伺います。

是非、事前に質問内容をお寄せください。
こんなことを聞きたい! 知りたい! みんなで話し合いたい!

◇日 時  2019年7月28日(日)13:30~16:00(開場13:10)
◇会 場  日本児童教育専門学校(JR高田馬場駅より徒歩3分)
◇参加費  500円(資料代/当日精算)


《お申込・お問合せ先》
(一社)日本児童文学者協会
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL03-3268-0691 FAX03-3268-0692 Eメール zb@jibunkyo.or.jp

2019/06/25

【終了】 子どもの本と国際交流を考える学習会 6/23開催

<子どもの本と国際交流を考える学習会>

日本の児童文学は アジアでどのように翻訳・出版されているか

 近年、日本の児童文学や絵本が、中国・韓国・台湾で数多く翻訳・出版されています。とても嬉しいことではありますが、反面、東アジアの児童文学・絵本の日本への紹介は、まだまだ少ない状況です。こうした東アジアとの出版交流に関して、翻訳や出版契約、版権、印税など出版にまつわるさまざまな問題を話し合う学習会を持ちたいと思います。すでに作品がアジアで翻訳・出版されている作家の方々にお話を伺い、話し合う機会を設けました。ぜひご参加くださいますように。

◆日時  2019年 6月23日(日) 午後2時~5時
◆場所   日本児童教育専門学校 (JR 高田馬場駅より徒歩3分)
◆お話
木村 研 さん (児童文学作家)『99ひきのきょうだい』シリーズがアジアを中心に世界各国で翻訳出版されている
濱野 京子さん (児童文学作家)『フュージョン』(JBBY賞)、『トーキョー・クロスロード』(坪田譲治文学賞)など。中国・曹文軒の絵本『はね』を翻訳。  
成實 朋子さん (評論家 大阪教育大学教員)中国児童文学と国語教育専攻。『日本児童文学』に「東アジア児童文学のゆくえ」(2018年)を好評連載した。

司会・河野 孝之さん (中国児童文学研究者)

  (参加費は無料、お申込みも不要です)

※当日午後1時からはアジア児童文学日本センターの総会が開かれています。学習会に参加される方は午後2時にお越し下さい。  
※お問い合わせは 日本児童文学者協会 03-3268-0691 zb@jibunkyo.or.jp

     アジア児童文学日本センター・日本児童文学者協会国際部 共催








 

2019/06/06

【終了】 第7回合評創作研究会(がっぴょうけん)開催 7/20

日本児童文学者協会では、第7回合評創作研究会(がっぴょうけん)を7月20日に開催します。作品提出は、これまで同様、協会会員に限られますが、合評への参加で今後の創作へのヒントとしていただければと思います。(合評作品は、事前にお送りします。)
 この機会に、作品をめぐる侃々諤々の議論に参加し、作品への目を鍛えるとともに、今後の創作への契機としていただけることを願って、ご参加をお待ちしています。

◆日時2019年7月20日(土)午後1時から5時 (終了後・交流会)

◆会場 国立オリンピック記念青少年総合センター・センター棟

◆プログラム
【司会とオブザーバー】
 1 ノンフィクション……奥山恵、小方桂子(学研プラス)  
 2 絵  本……林美千代、内田麟太郎、波賀稔(鈴木出版)
 3 幼  年……田中すみ子、松本聰美、他編集者
 4 中 学 年……田中嘉和、津久井惠、小櫻浩子(ポプラ社)
 5~7 長編……西山利佳、目黒強、池田ゆみる、森川成美、みおちづる、片寄太一郎(講談社)、山岸都芳(小峰書店)、他フレーベル館編集者
 8 テーマ「戦争と平和」……濱野京子、丹治京子(新日本出版社)

★参加費 1,500円。交流会は別途3,000円の予定です。

★参加申し込み(5月30日、受付開始)

 メールかFAXでの申し込みとします。定員になり次第、締め切ります。
お名前とご住所、希望分科会と(第二希望まで。5~7分科会についてはこちらで割り振りしますので、長編分科会希望とお書きください)、
FAXの場合は、電話番号もお書きください。また懇親会への参加の有無もお知らせください。

■主催  一般社団法人 日本児童文学者協会
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38 中島ビル502
TEL  03-3268-0691  E-mail  zb@jibunkyo.or.jp

2019/06/04

【終了】 7/20開催 第4回連続トークイベント 子どもの本のひみつ

 「子どもの本」に関わる表現者を囲んで、創作の秘密や子どもの本の知られざる魅力や意義について語り合う連続トークイベントも4回目となります。
 今回のテーマは「絵本のことば、詩のことば」です。児童文学との出会いは、たぶん多くの人にとって「絵本」です。そして、教科書での出会いから始まることが多い「詩」ですが、心の中に大切に「詩」のことばを持ち続けている人もいることでしょう。
 「絵本」と「詩」どちらも、短い文章やことばの中に、作者の思いやセンスが凝縮されているのを感じます。ゲストスピーカーは、詩人、絵本作家としても個性的に活躍されている林木林さんと本間ちひろさんです。おふたりと共に、絵本や詩の魅力、そして可能性を語り合いましょう。

◆日時 7/20(金) 18時~20時(受付17時半~)

◆会場 ブックハウスカフェ
(〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F https://www.bookhousecafe.jp/)

*アクセス……都営三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」A1出口より出て右、徒歩1分

◆トークゲスト 林 木林、本間ちひろ  (司会 小林雅子)

*プロフィール
林 木林(はやし きりん)
 詩人、絵本作家、作詞家。言葉遊び、童謡、短歌、俳句など、「言葉」にまつわる分野で幅広く創作している。詩集に『植星鉢』(土曜美術社)、絵本に『おおきなけやき』(鈴木出版)、『あかり』(光村教育図書)、『おちゃわんかぞく』(白泉社)、翻訳絵本に『でんごんでーす』(講談社)、読み物に『二番目の悪者』(小さい書房)ほか作品多数。近刊に『せかいいちの いちご』(小さい書房)、『ひだまり』(光村教育図書)など。

本間ちひろ(ほんまちひろ)
 絵本作家、詩人。2004年、『詩画集いいねこだった』(書肆楽々)で第37回日本児童文学者協会新人賞受賞。絵本『ねこくん こんやはなにたべる?』『おむすびにんじゃの おいしいごはん』(リーブル)、挿絵に『注文の多い料理店』『セロ弾きのゴーシュ』(にっけん教育出版社)、『ふたりのたからもの』(西村書店)、お手紙文集『ピッピちゃん、こんにちは!』(企画・挿絵で参加 西村書店)、訳書に『ともだちになろう』『どんなきもち?』(西村書店)など。


◆参加費 1000円(ドリンク付き)

◆定員 35名(要予約)◆申し込み先 ブックハウスカフェまで、電話か、メールでお申込みください。
    TEL03-6261-6177https://www.bookhousecafe.jp/contact/

 ※お問い合わせ  日本児童文学者協会 03-3268-0691 zb@jibunkyo.or.jp

■ 主催:日本児童文学者協会 研究部 ■

2018/07/02
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp