会員の新刊

児童文学単行本の新刊を紹介しています。
 

「じごくにアイス」ナカオマサトシ/作 澤野秋文/絵 (ひさかたチャイルド)

じごくにアイス

 

 

 

 

 

はじけたセンスに笑いがいっぱい! 地獄のできごとは奇想天外!

 


思わぬ事故であの世へ行ったアイス屋のこたろう。
閻魔様の裁きを受けるはずが、地獄は大火事。
裁きどころではありません。
ようやく鎮火したものの、地獄の鬼たちはへとへと。
そこでこたろうは、アイスを作ることを思いつきます。そして…
芸は身を助ける? 九死に一生? さて結末は…?!


わかやま絵本大賞を獲得したナカオマサトシと講談社絵本新人賞佳作を受賞した澤野秋文の新進のコンビが描く地獄巡り。遊び心にあふれた独特の世界観が躍動する絵本です。   

 

 

 

 

2020/05/14

「みんなで守れ! ふくちゃんのいのち」秋川イホ/文 (フレーベル館)

 

みんなで守れふくちゃんのいのち

 

 

 

 

広島県にある福山市立動物園には、日本に一頭しかいないボルネオゾウのふくちゃんがいます。
ふくちゃんは2016年、結核という重い病気にかかり、生死をさまよいました。
「ふくちゃんをすくいたい!」その一心で、動物園のスタッフをはじめ、たくさんの人がたちあがりました。
みんなの願いが、かけがえのない命をすくった、奇跡の物語です。   

 

 

2020/04/10

「王の祭り」小川英子/作・佐竹美保/装画 (ゴブリン書房)

 

王の祭り

 

 

妖精をつかまえたあの夜が、すべてのはじまりだった……

 

妖精パックの気まぐれで、少年ウィルはエリザベス一世暗殺の陰謀に巻きこまれ、女王とともに、戦国時代の安土城にタイムスリップしてしまいます。
母に愛されなかった織田信長、母にも父にも愛されなかったエリザベス。権力の重みと孤独をかみしめながら、王二人はどのように国を治め、どのように生きるかを模索しています。
一方、少年ウィルは、京の四条河原で曲芸を見せる軽業一座の少女、お国の明るさに心ひかれます。戦さに翻弄されながら、お国は自分の夢を探しています。その姿に、ウィルも自分の夢は何だろうと考えるのでした……
16世紀のイングランドと日本を舞台に繰りひろげられる壮大な歴史ファンタジー。  

 

 

2020/04/10

「木があつまれば、なんになる?」おおぎやなぎちか/作・マリーニ・モンティーニ/絵 (あかね書房)

 

木があつまれば、なんになる?

 

 

 

 

木が二本で、林、三本だと森、国語の時間に漢字を習った、ノートに木が四本の文字も書き足す。
そして、帰り道、公園の入り口には、二本の木、奥には、三本の木。かんたは、地面に「林」「森」・・・と書いて帰る。
ところが、マンションの窓から公園を見ると、いままでにはなかった林や森ができていた! 
漢字からイメージをふくらませ、かんたの冒険が始まる。   

 

 

2020/02/15

「ぼくたちのだんご山会議」おおぎやなぎちか/作・佐藤真紀子/絵 (汐文社)

 

ぼくたちのだんご山会議

 

 

 

 

ぼくたちの町はずれには、だんご山がある。三つの山が連なっていて、まるでお団子のようだから。
でも、一のだんご山は、10年前に住宅地となっていた。そして、今、二のだんご山にテーマパークができるというニュースがとびこんでくる。
最初は、大よろこびしていたが、祖父は自然を守らないといけないと大反対。 子ども達は、それぞれの立場から、自然を守ること、開発することを考える。   

 

 

2020/02/15

「うそつきタケちゃん」白矢三恵/作・たかおかゆみこ/絵 (文研出版)

うそつきタケちゃん

 

 

 

ぼくがこわくて、こわくてしかたがないもの

 

父さんの仕事の転勤で、ぼくは転校をくりかえしている。
何度も転校をしたことで、ぼくはたくさんのことに気がついた。
そして、ぼくは決めたんだ。
友だちなんか作らない。
そんなときに出会ったのが、うそばっかりつくタケちゃんだった。   

 

 

2019/07/17

「トクベツな日」白矢三恵/作・スカイエマ/絵 (PHP研究所)

トクベツな日

 

 

 

悩みのない人間なんて、どこを探してもいないんだよ

 

人に言えない悩みを持つ5年生4人のクラスメイト。
認知症の祖母に戸惑う二葉。家庭に居場所を求める真央。
家族を信じられなくなった達也。母親に言われるまま勉強漬けの毎日を送る勝。
4人の主人公たちが学年行事「もみじ給食」を機に、それぞれの未来を見つける物語。   

 

 

2019/07/17

「魔女裁判の秘密」樹 葉(たつきよう)/作・北見葉胡/絵 (文研出版)

魔女裁判の秘密

 

 

 

17世紀のオランダにタイムスリップした少女の冒険ファンタジー

 

17世紀のオランダにタイムスリップしてしまった理沙は、不思議な術を使うおばあさんたちと出会う。そこでは魔女裁判が行われ、魔女秤で魔女と判断されると、火あぶりの刑になってしまうという。 理沙と同じオーラを持つ少女アリーナを、火あぶりの刑から救い出し、理沙は元の時代にもどることができるのか。タイムリミットは6時間しかない。   

 

 

2019/04/01

「まねっこ」 あわの ゆりこ/作・高畠純/絵 (銀の鈴社)

詩集・まねっこ

 

 

少年詩集の金字塔、銀の鈴社のジュニアポエムシリーズからのデビュー作

 

同郷、詩人・絵詞作家の内田麟太郎氏の勧めにより出版に至った作者の初詩集。
麟太郎氏が跋文を、高畠純氏が絵を、絵本界の2大スターが関わった、ユーモアと抒情のなんとも贅沢なデビュー作です。   

 

 

2019/02/14

「占い師のオシゴト」 高橋桐矢/作・烏羽雨/絵 (偕成社)

占い師のオシゴト

 

 

占い師でもある作者による、占い好き必読のストーリー

 

ごくふつうの女の子、あかりには秘密がある。それは、親が占い師アルテミスだってこと!
ひょんなことから、クラスメイトの真夜(まや)に知られることになってしまい、
占い好きの真夜はアルテミス先生に弟子入りすることに。
「占い師には、ぜったいにしてはいけないことが3つある。それは……」
アルテミス先生の言葉に、あかりと真夜がショックをうけたわけは?!
巻末に、アルテミス先生の12星座占いつき!   

 

 

2019/01/30