作品公募

2022年11月9日

第15回「絵本テキスト大賞」入選発表

 日本児童文学者協会と童心社は、昨年に引き続き「第15回絵本テキスト大賞」の作品募集をいたしました。応募総数は総数1238編(Aグレード547編・Bグレード691編)でした。たくさんのご応募をありがとうございました。
 応募作品は7月から8月末にかけて1次選考を行いました。
 1次選考通過作品としてAグレード23編。Bグレード26編を選びました。
 9月26日、童心社にて2次通過作品を選び、そこから最終選考に向けて議論いたしました。最終選考に残った作品は、Aグレード「よるとてをつなぐ」(森川かりん)、「かえりみち」(市原まりこ)、「いなくなるってどういうこと?」(山下雅洋)の3編でした。Bグレードは「ぼく しってるで」(さくらふく)、「まあちゃんと、せかい一ながいねっこ」(福原道人)、「ところがどっこい、カッパッパ」(まちはらめえり)、「くさむら ゆうびんきょく」(いしはらゆりこ)の4編でした。
 1編1編議論していった結果、以下の作品の受賞が決まりました。

大 賞 Bグレード「くさむら ゆうびんきょく」 いしはらゆりこ

優秀賞 Aグレード「よるとてをつなぐ」 森川かりん

 大賞を受賞した「くさむら ゆうびんきょく」は、まず、くさむらゆうびんきょくという発想が面白い。また出てくるいろいろな生き物たちが、それぞれの役目を果たし、楽しいテキストになっているという評価でした。優秀賞の「よるとてをつなぐ」は、夜と手を繋ぐという言葉や発想の見事さが評価されました。しかし人格を持った夜が発する言葉には凡庸で常識的すぎるものも多いということで、惜しくも優秀賞に終わりました。応募作品全体を見渡すと、枚数オーバーのもの、絵本なのにおとなが対象だったりと、戸惑うような原稿が少なからずありました。応募要項をきちんをお読みくださり、ご応募ください。

 また第13回絵本テキスト大賞を受賞した『まいごのモリーとわにのかばん』(こまつのぶひさ文・はたこうしろう絵)は発売早々増刷になり、すでにモリーの2巻目も出ています。新しい才能を、ぜひこの場から発見していきたいと思っています。次回もご応募くださいますよう、選考委員一同、新しい書き手の誕生を心待ちにしております。


※童心社の発表サイトでは受賞者のコメントも掲載しております。
 https://www.doshinsha.co.jp/special/ehontext/winning.html

◆主催 日本児童文学者協会/童心社
 第15回「絵本テキスト大賞」選考委員
 内田麟太郎、加藤純子、浜田桂子、大熊悟(童心社編集長) 

 

≫ 続きを読む

2022/11/09

第9回子どものための感動ノンフィクション大賞 結果発表

 Gakkenとの共催による第9回「子どものための感動ノンフィクション大賞」に選考結果を発表します。

☆最優秀作品 「世界一長い鉄道トンネル 持続可能な輸送をめざして」笹沢教一

★優良作品 「ぼくだったかもしれない ―震災をめぐる自転車の旅」小林みちたか

今回は37編の応募があり、第1次選考を経て最終選考は8編にしぼられ、7月29日の選考委員会で上記のように決定しました。
詳しい選考経過につきましては、「日本児童文学」2022年11・12月号をご覧ください。
入選者の皆様、おめでとうございます。


■日本児童文学者協会 「子どものための感動ノンフィクション大賞」選考委員会

 

≫ 続きを読む

2022/11/09
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp