作品公募

>>知っておきたい公募のルールとマナー<<

第7回 「新・童話の海」 入選発表

 本年5月末に締め切りました中級向け創作シリーズ「新・童話の海」作品募集の結果を発表いたします。今年度の応募作は111編でした。9月22日、第一次選考通過作の13編を選考委員による二次選考委員会で3編に絞り議論いたしました。議論の中であがった意見は、可能性としてはおもしろいが、それが語り尽くせておらず、作者の思いが伝わってこないもどかしさ。また当初から求めていた新鮮な素材や、新しい視点からの作品という観点の弱さなどが指摘されました。そして出版という視点からみたとき、いずれもいまひとつ説得力が弱く、魅力が伝わってこないという意見が大半を占め、誠に残念ではありますが入選作なしということになりました。
 その後、今年7年目を迎えた「新・童話の海」のあり方について議論が及びました。中級向けの作家の登竜門としての存在価値を大切に思いつつも、ここ数年の作品の「読者に読ませる力」の弱さといったものに対し、とりあえずここでこのシリーズ公募はいったん打ち止めにしようということになりました。そして今後のこの賞のあり方について、再検討しようということになりました。書き手の皆さんの可能性を感じられる新しい企画が生まれますことを念じつつ、本年度の結果発表をいたします。


◆入選作 なし

◇一次選考通過作品
「これ宝物なんだ、あげるよ」高森美由紀、「ぼくのなりたいもの」幸原みのり、「焼きそばパン」森埜こみち、「バトンガール!!」滝井幸代、「不思議の町へ続く道」草香恭子、「わたしたちのジャンピング」里 洋子、「新太の万華鏡」森 夏月、「泣き虫おばけのホームステイ」福井 智、「ぺーさんの灯台」森くま堂、「天々ほたるぶくろの夜」野原朋子、「おばあちゃんの宝箱」うのはらかい、「とねっこ」うのはらかい、「万々村のおおけなし」田中直子             (応募受付順)

◇最終選考に残った作品
「泣き虫おばけのホームステイ」          福井 智
「おばあちゃんの宝箱」            うのはら かい
「万々村のおおけなし」             田中 直子

 なお、現在、過去の入選作2編につきましては、1冊は本年度中、もう1冊は来春出版にむけて準備中です。


■日本児童文学者協会 「新・童話の海」選考委員会
(加藤純子・薫くみこ・那須正幹・西本鶏介・ポプラ社児童書編集局)
 

2014/11/10

第15回おはなしエンジェル子ども創作コンクール 結果発表

たくさんの作品ご応募いただきありがとうございました。
下記の通り入選作が決定しましたので発表いたします。


<最優秀おはなしエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部>
「おだんご」 
 大橋飛香  (東京都・小1)

<最優秀おはなしエンジェル賞/小学生中高学年の部>
「かのと」
 藤井 杏  (大阪府・小6)

<最優秀おはなしエンジェル賞/中学生の部>
「おじいさんのトランプ」
 北川真衣  (神奈川県・中3)


<金のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 3編
「はちゃめちゃてんとううんどうかい」 
 福嶋陸人(神奈川県・小2)

「カニのプレゼント」 
 多田樟太朗  (北海道・小1)

「グアナコものがたり」 
 杉田美桜  (神奈川県・小2)

<金のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 3編
「おやじギャグ大作戦」 
 脇 純麗  (東京都・小3)

「リュッくん」 
 大久保雄生 (東京都・小4)

「ふたごメガネ」 
 矢澤宙空 (東京都・小6)

<金のエンジェル賞/中学生の部> 2編
「くるくる遊園地」
 山中夏帆  (滋賀県・中3)

「私とおっちゃんの登下校」
 本木南都美 (神奈川県・中3)


<銀のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 5編
「ねがい」 
 山口百果  (東京都・小1)

「なき虫」 
 武田遥菜 (香川県・小2)

「ふしぎなペン」 
 原 知子 (神奈川県・小2)

「たまごのたび」 
 上田 周 (三重県・小1)

「おにぎりくんとうめぼしくん」 
 小川 真礼 (静岡県・小2)


<銀のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 5編
「おばけのばけダー」 
 小菅 渚  (マレーシア・小5)

「友情」 
 眞田梨南  (三重県・小6)

「ほっぺさん」 
 白鳥はる (東京都・小4)

「モンスター」 
 富樫輝紀 (東京都・小5)


「どんなクマでも作ります」
 矢澤希空 (東京都・小6)

<銀のエンジェル賞/中学生の部> 5編
「夢の中ではスーパーヒーロー」 
 北川彩菜 (北海道・中3)

「拝啓、未来の「おとな」さん」
 福井幸司  (東京都・中3)

「メッセージ代行サービス」 
 外間清花  (大阪府・中3)

「子狐」 
 佐藤真由美  (千葉県・中2)

「幸せの法則」 
 橋本多香美 (東京都・中3)



  おめでとうございます。

2014/11/05

第2回 新しい〈長編〉戦争児童文学 作品募集

日本児童文学者協会では、創立六〇周年記念出版として、短編と詩による「新しい戦争児童文学」のアンソロジー<おはなしのピースウォー ク>全六巻(新日本出版社 06~08年)を刊行しました。
残された課題に取り組むべく、協会創立七〇周年に向けて、<おはなしのピー スウォーク>を継承、発展させる「新しい<長編>戦争児童文学」の第二回目の募集をします。(参考『日本児童文学』2012年9-10月号  p107、同2014年7-8月号 p98)

【募集する作品】
自作未発表の長編戦争児童文学。(同人誌発表作は可。ただし、原稿の形で提出のこと。)読者対象は小学校高学年程度。

【応募資格】
問いません。

【原稿規定】
400字詰め原稿用紙200~300枚。縦書き。ワープロ原稿の字詰めは自由ですが、原稿用紙換算枚数を明記してください。1枚目に表題、作 者名(ペンネームの場合は、本名も)、住所、電話番号、年齢を明記。2、3枚目に800字以内の梗概を付けてください。

【出 版】
入選作を中心にさらに合評を重ね、2016年春、新日本出版社より5巻シリーズで刊行予定。

【著作権】
入選作については、2015年内は、出版優先権を当会にお預けください。

【選考委員】
新しい戦争児童文学委員会
(奥山恵・きどのりこ・木村研・西山利佳・はたちよしこ・濱野京子・みおちづる)

【応募方法 他】
応募期間 2015年1月15日(必着)表紙を含め同じものを4部お送り下さい。応募作品はお返ししません。

【発 表】
選考結果は、2015年5月当会HPにて。経過の詳細は『日本児童文学』2015年7・8月号に掲載。(結果は個々には連絡しません。)


◆原稿送り先・問い合わせ先
〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会 『新しい戦争児童文学』委員会
TEL03-3268-0691  E-mail zb@jibunkyo.or.jp

2014/11/01

スポーツをテーマにした創作短編募集 入選発表

本年11・12月号特集「読むスポーツ」に掲載する短編募集について、本誌編集委員会にて選考を行いました。
結果は下記の通りです。
 

「TUG OF WAR ~ロープに力を込めて」 さかもとあさ

「ともだちはうさぎ」 シンオカコウ
 

上の2編を入選とし掲載いたします。おめでとうございます。
今回応募総数は32編でした。入選には至らなかったものの、編集委員が初めて知るスポーツを描いた作品がいくつもあり、スポーツの世界の幅広さを、あらためて思いしらされました。
たくさんのご応募ありがとうございました。



「日本児童文学」 編集委員会

 

2014/07/27

「タイムストーリー」シリーズ入選作発表

本年1月末に締め切られた、小学校高学年からヤングアダルトを読者対象としたアンソロジーシリーズ「タイムストーリー」(偕成社)の結果発表をいたします。応募総数は381編でした。最終選考には下記の15編が残りました。この15編のなかから、6作品の収録を決定しました。最終選考に残った作品は、いずれもとても力のあるものが多かったです。また作品としてはおもしろいが、この作品募集のテーマである「時間」が有効に使われていなかった作品もあり、それが惜しまれました。

「トキワムシ」  染谷 果子
「五分間のお話」  槇野 那音
「七日間の記憶」  加藤 英津子
「そら」   安藤 るみ子
「幻のタイムどりふたー」 宮川 道子
「ムギバシ」  春間 美幸
「白い地図のむこう」  森くま堂
「あたため時間はお守りください」  柳澤 みの里
「三月堂の三日坊主」  安東 千重穂
「三日間のお話」  笹原 月子
「ナツとブク」  新井 爽月
「博士と助手と、タイムマシン」  南葵農園
「四時間目」  吹原美和子
「命魂」  楓眠 洋太郎
「犯人」  コカネサン

このなかから、最終選考で下記の6作品を入選と決定いたしました。

「トキワムシ」  染谷 果子

「ムギバシ」  春間 美幸

「三日間のお話」  笹原 月子

「四時間目」  吹原美和子

「命魂」  楓眠 洋太郎

「犯人」  コカネサン

 

おめでとうございました。


なお、上記の入選作に依頼作品を加えて、偕成社より来年2月に発行する予定です。


「タイムストーリー」シリーズ 選考委員会
加藤純子・後藤みわこ・廣嶋玲子・宮川健郎・偕成社編集部

 

2014/07/12

第15回おはなしエンジェル子ども創作コンクール

日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究会では、子どもたちに創作を通じて物語の楽しさを体験してもらえるよう、幼児から中学生までを対象に、「おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」を実施することになりました。子どもたちの夢や思いを童話に!
たくさんの応募をお待ちしています。
 
応募資格と作品の長さ
 
(1) 幼児・小学生低学年(1~2年)の部 400字原稿用紙2~4枚以内。
(2) 小学生中高学年(3~6年)の部 400字原稿用紙3~6枚以内。
(3) 中学生の部 400字原稿用紙5~10枚以内。
(1)~(3)まで、詩・作文・日記は不可。自作・自筆に限ります。パソコン入力も可。ただし自分の入力に限ります。ワープロ、パソコン原稿は、A4判用紙に20字×20行で印字。)
 
募集期間と作品送付先など
 
●応募は2014年7月20日から9月10日まで(必着)。
●応募は一人一編まで。
●別紙に、住所・氏名(ペンネーム不可)・年齢および学年・電話番号(日中連絡の取れる番号)・作品タイトルを明記し(別紙は大人の記入可)、作品に添付。タイトルと氏名は、作品の最初にも記入。
●作品の返却には応じません。
●作品送付先は以下
<送付先>
〒108-8617 東京都港区高輪4-10-18京急第1ビル13F
くもん出版「子ども創作コンクール」係
 
賞と表彰
 
●最優秀おはなしエンジェル賞(各部)1編、金のエンジェル賞(各部)3編、銀のエンジェル賞(各部)5編。
●発表は11月上旬予定。主催団体のホームページにて。
● 最優秀おはなしエンジェル賞、および金のエンジェル賞作品には、正賞として盾と絵本画家による入選作品を素材にした描き下ろしのイラストが、銀のエンジェ ル賞作品には盾が贈られる。副賞として、最優秀おはなしエンジェル賞作品に図書カード1万円、金のエンジェル賞作品に図書カード5千円が贈られる。
●中学生の部の最優秀おはなしエンジェル賞受賞者は、日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会の機関誌が1年間無料で送られる。
●入選作品は、主催団体発行の機関誌やホームページ等に掲載予定。
 
選考
 
日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究所による厳正な審査の上、入賞作品を決定。
 
問い合わせ先
 
日本児童文学者協会 TEL.03-3268-0691 
日本児童文芸家協会 http://www.jidoubungei.jp/
運営事務局(くもん出版) http://www.kumon.ne.jp/angel/index.html
 
主催:日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、公文教育研究会
協賛:くもん出版
後援:朝日学生新聞社・(一社)家の光協会・親子読書地域文庫全国連絡会・この本だいすきの会・産経新聞社・ (一財)出版文化産業振興財団・(公社)全国学校図書館協議会・日本子どもの本研究会・ 日本書店商業組合連合会・(公社)日本図書館協会・毎日新聞社・読売新聞社
 
著作権
 
入選作品の出版及び二次的使用については、発表より2年間、協賛者が優先権を保有します。
尚、最優秀おはなしエンジェル賞・金のエンジェル賞の中から、絵本化にふさわしい作品については、協賛者・くもん出版より出版される。 
 
個人情報の取り扱いについて
 
応募者の個人情報は、受賞者への連絡、応募者への作品集送付など、本賞に関わる目的のみに利用します。
2014/06/18

第6回日本児童文学者協会評論新人賞

入選 「「対等」への希求-二宮由紀子作品における関係性-」 内川朗子

佳作 「魔女のモノがたり-藤真知子「まじょ子」シリーズ、あんびるやすこ「なんでも魔女商会」シリーズから読み解く消費社会的感性」 濱崎桂子

佳作 「〈子どもの読書〉について-砂田弘「どこに子どもの文学の根拠をおくか」をめぐる考察」 谷内田太郎


応募総数は8編でした。
詳しい選考経過は、『日本児童文学』2014年5・6月号をご覧ください。
入選論文は2014年7・8月号に掲載されます。

2014/05/08

第13回長編児童文学新人賞

入選 該当作なし

佳作 「真夏のマカロニグラタン」 北山千尋


●二次選考通過作
 「ストーリーテリングの秘密」 森幸子
 「宇宙の境界線」 三方黄菜
 「ミジンコ・ミクロ、マクロ・ムーン」 けいまさこ
 「ホームスクールやってます」 幸原みのり
 「真夏のマカロニグラタン」 北山千尋
 「父さんの彼女とカプチーノ」 高森美由紀

応募総数は、129編でした。
たくさんのご応募、ありがとうございました。
詳しい選考経過につきましては、『日本児童文学』2014年5・6月号をご覧ください。

 

2014/05/08

第1回「新しい<長編>戦争児童文学」作品募集 結果報告

 応募総数は21作でした。ご応募ありがとうございました。
 1次選考通過作品は以下8作品です。(( )内は400字換算の枚数)。

・浅野 竜  「テントウムシがきた道」(251)
・今関信子  「大久野島からのバトン」(201)
・太田光一  「幻の村と時が止まった町と」(296)
・大原興三郎  「びい玉 戦争」(157)
・柴田奈保美  「こだわり職人」(229)
・高橋 麗  「あのころはシャンがいた」(216)
・中村真里子  「川の物語」(183)
・和田英昭  「色あせた地図」(300)

 以上8作品の中から、「おはなしのピースウォーク長編シリーズ」(仮)に収録する作品として、「大久野島からのバトン」を選びました。
 選考経過の詳細につきましては、『日本児童文学』7・8月号(7/9発売)をご覧ください。

2014/05/01

第14回日本児童文学者協会 長編児童文学新人賞

これまでの入選作からは、文学賞受賞作や、シリーズ化されたものなど、本賞創設の目的である「児童文学の世界に新風をふきこむ」作品が着実に世に出されています。たくさんの方々のチャレンジを期待しています。

【募集する作品】 自作未発表の長編創作児童文学。(同人誌発表作、卒業制作作品 は可だが、原稿の形で提出のこと。)読者対象は、小学校の中学年もしくは高学 年・中学生向け。

【応募資格】 高校生(もしくは同年齢)以上。

【原稿規定】 400字づめ原稿用紙100~250枚程度。日本語でたて書きのこと。 ワープロ原稿の字づめは自由だが、A4用紙を使用の上原稿用紙換算枚数を明記のこと。手書き原稿の場合は、鉛筆書きは不可。一枚目に表題、作者名(ペンネームの場合は本名も)、住所、電話番号、性別、年齢、職業(出版歴のある場合は、タイトル・発行所・発行年)を明記。2、3枚目に800字以内の梗概をつけること。

【賞および出版】 ▽入選(1編)賞状と記念品が贈られ、小峰書店より単行本として出版される。但し、出版にあたり相応の改作を求める場合がある。出版された作品には、規定の印税が支払われる。(規定については、主催者に問い合わせのこと。)▽佳作(2編程度)賞状と記念品が贈られ、単行本としての出版が検討される。出版される際の条件は、入選作品に準ずる。 【著作権】 入選作品の著作権の扱いは、小峰書店との出版契約書による。佳作につ いては、二年間小峰書店が出版優先権を保有する。

【選考委員】 高橋秀雄、西山利佳、濱野京子、牧野節子、小峰書店編集部

【応募方法 他】 応募は2014年8月1日から9月30日まで(消印有効)。日本児童文学者協会会員外の応募者は、応募に際し80円切手15枚を同封のこと。 応募作品は返却しない。他の文学賞への同時応募は認めない。

【発表】 選考経過・結果は「日本児童文学」2015年5・6月号(五月九日発行)に掲載。(協会会員外の応募者全員には、掲載誌を送付する。)

≪原稿送付・問い合わせ先≫
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502 日本児童文学者協会「長編児童文学新人賞」係
TEL 03-3268-0691 FAX 03-3268-0692 E-MAIL zb@jibunkyo.or.jp

2014/04/30
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp