作品公募

>>知っておきたい公募のルールとマナー<<

第1回新しい〈長編〉戦争児童文学 作品募集

 日本児童文学者協会では、創立六〇周年記念出版として、短編と詩による「新しい戦争児童文学」のアンソロジー<おはなしのピースウォーク>全六巻(新日本出版社 06~08年)を刊行しました。今回、残された課題に取り組むべく、協会創立七〇周年に向けて、<おはなしのピースウォーク>を継承、発展させる「新しい<長編>戦争児童文学」を募集します。(参考『日本児童文学』2012年9-10月号 p107)

【募集する作品】
自作未発表の長編戦争児童文学。(同人誌発表作は可。ただし、原稿の形で提出のこと。)読者対象は小学校高学年程度。

【応募資格】問いません。

【原稿規定】400字詰め原稿用紙200~300枚。縦書き。ワープロ原稿の字詰めは自由ですが、原稿用紙換算枚数を明記してください。一枚目に表題、作者名(ペンネームの場合は、本名も)、住所、電話番号、年齢を明記。2、3枚目に800字以内の梗概を付けてください。

【出 版】入選作を中心に、さらに合評を重ね、出版を目指します。

【著作権】入選作については、2014年内は、出版優先権を当会にお預けください。

【選考委員】新しい戦争児童文学委員会
(奥山恵・きどのりこ・木村研・西山利佳・はたちよしこ・濱野京子・古田足日・みおちづる)

【応募方法 他】応募期間 2013年11月15日~12月15日(当日消印有効)表紙を含め同じものを四部お送り下さい。応募作品はお返ししません。

【発 表】選考結果は、2014年5月当会HPにて。経過の詳細は『日本児童文学』2014年7・8月号に掲載。(結果は個々には連絡しません。)



 

◆原稿送り先&問い合わせ先◆
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
   日本児童文学者協会『新しい戦争児童文学』委員会
TEL03-3268-0691

 

2013/11/08

2013年おはなしエンジェル 子ども創作コンクール発表

たくさんの作品ご応募いただきありがとうございました。
下記の通り入選作が決定しましたので発表いたします。


<最優秀おはなしエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部>
「みずくんとおゆくん」 
新宮礼太  (大阪府・年長)

<最優秀おはなしエンジェル賞/小学生中高学年の部>
「僕はお笑い担当」
富樫輝紀  (東京都・小4)

<最優秀おはなしエンジェル賞/中学生の部>
「竹取りの価値」
久永倫史  (福岡県・中2)


<金のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 3編
「まりとえび」 
木本麻里 (青森県・小1)

「べんじょむしとともだち」 
小菅 華  (マレーシア・小1)

「はかせのうまいほし」 
多田樟太朗  (北海道・年長)

<金のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 3編
「ぼくとセミ君の七日間」 
小谷野 光  (埼玉県・小4)

「日向とかげ」 
藤井 杏 (大阪府・小5)

「七匹の水亀」 
矢澤宙空 (東京都・小5)

<金のエンジェル賞/中学生の部> 3編
「昨日の僕と明日の君」
石塚 繭  (栃木県・中3)

「シッポ物語」
中村瑠南 (東京都・中3)

「正しいオバケの育て方」
福井幸司  (東京都・中2)


<銀のエンジェル賞/幼児・小学生低学年の部> 5編
「さかなとくじらのものがたり」 
上田 周  (三重県・年長)

「どうぶつのたね」 
大橋飛香 (東京都・年長)

「しっぽのないおうまさん」 
西田紗侑子 (東京都・小2)

「お父さんの天気よほう」 
福島律音 (東京都・小1)

「ふしぎなレストラン」 
脇 純麗 (東京都・小2)


<銀のエンジェル賞/小学生中高学年の部> 4編
「お空から来たねこ」 
立入愛純  (京都府・小3)

「バクのゆめやさん」 
違 晴香  (東京都・小3)

「ガアゴと海」 
矢澤希空 (東京都・小5)

「スズとハーブ魔女」 
和田琴美 (大阪府・小6)

<銀のエンジェル賞/中学生の部> 5編
「守ってあげたい」 
小栁颯史 (青森県・中1)

「真実の月、夢の海。」
庄司日和  (大阪府・中3)

「風待ちの土曜日」 
松沢優花  (神奈川県・中3)

「GOGO!無敵のレッドサンダー」 
弓削和果  (神奈川県・中1)

「伸ばした手」 
渡部七海 (神奈川県・中3)

 


入選作品は、こちらからご覧いただけるようになる予定です。
http://www.kumon.ne.jp/angel/nyusen_2013.html

2013/11/06

第41期日本児童文学学校 最優秀作品 発表

本年4月から9月まで行われた第41期日本児童文学学校への提出作品から選ぶ、最優秀作品と優秀作品が決定しましたので、発表いたします。

 

最優秀作品
「はらぺこキング」 柳澤みの里

優秀作品
「お父さんのおまじない」 小川メイ
「偉大なる博士」 辻 貴司

最終選考に残った作品は、上記の3作品の他、次の4作品です。
「夢のはしご」  多羅瑛二郎
「両手はいつも」 みくにつぐえ
「七色の秋」   秋山佳子
「学校の妖精」  やまとそら

以上です。

※最優秀作品は隔月刊『日本児童文学』2014年3・4月号(3/9発行予定)に掲載されます。

 

2013/10/31

第14回 おはなしエンジェル子ども創作コンクール

日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究会では、子どもたちに創作を通じて物語の楽しさを体験してもらえるよう、幼児から中学生までを対象に、「おはなしエンジェル 子ども創作コンクール」を実施することになりました。子どもたちの夢や思いを童話に!
たくさんの応募をお待ちしています。
 
応募資格と作品の長さ
 
(1) 幼児・小学生低学年(1~2年)の部 400字原稿用紙2~4枚以内。
(2) 小学生中高学年(3~6年)の部 400字原稿用紙3~6枚以内。
(3) 中学生の部 400字原稿用紙5~10枚以内。
(1)~(3)まで、詩・作文・日記は不可。自作・自筆に限ります。パソコン入力も可。ただし自分の入力に限ります。ワープロ、パソコン原稿は、A4判用紙に20字×20行で印字。)
 
募集期間と作品送付先など
 
●応募は2013年7月20日から9月10日まで(必着)。
●応募は一人一編まで。
●別紙に、住所・氏名(ペンネーム不可)・年齢および学年・電話番号(日中連絡の取れる番号)・作品タイトルを明記し(別紙は大人の記入可)、作品に添付。タイトルと氏名は、作品の最初にも記入。
●作品の返却には応じません。
●作品送付先は以下
<送付先>
〒102-8180 東京都千代田区五番町3-1 五番町グランドビル3F
くもん出版「子ども創作コンクール」係
 
賞と表彰
 
●最優秀おはなしエンジェル賞(各部)1編、金のエンジェル賞(各部)3編、銀のエンジェル賞(各部)5編。
●発表は11月上旬予定。主催団体のホームページにて。
●最優秀おはなしエンジェル賞、および金のエンジェル賞作品には、正賞として盾と絵本画家による入選作品を素材にした描き下ろしのイラストが、銀のエンジェル賞作品には盾が贈られる。副賞として、最優秀おはなしエンジェル賞作品に図書カード1万円、金のエンジェル賞作品に図書カード5千円が贈られる。
●中学生の部の最優秀おはなしエンジェル賞受賞者は、日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会の機関誌が1年間無料で送られる。
●入選作品は、主催団体発行の機関誌やホームページ等に掲載予定。
 
選考
 
日本児童文学者協会・日本児童文芸家協会・公文教育研究所所属の選考委員による厳正な審査の上、入賞作品を決定。
 
問い合わせ先
 
日本児童文学者協会 TEL.03-3268-0691 
日本児童文芸家協会 http://www.jidoubungei.jp/
運営事務局(くもん出版) http://www.kumon.ne.jp/angel/index.html
 
主催:日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、公文教育研究会
協賛:くもん出版
後援:朝日学生新聞社・(一社)家の光協会・親子読書地域文庫全国連絡会・この本だいすきの会・産経新聞社・ (一財)出版文化産業振興財団・(公社)全国学校図書館協議会・日本子どもの本研究会・ 日本書店商業組合連合会・(社)日本図書館協会・毎日新聞社・読売新聞社
 
著作権
 
入選作品の出版及び二次的使用については、発表より2年間、協賛者が優先権を保有します。
尚、最優秀おはなしエンジェル賞・金のエンジェル賞の中から、絵本化にふさわしい作品については、協賛者・くもん出版より出版される。 
 
個人情報の取り扱いについて
 
応募者の個人情報は、受賞者への連絡、応募者への作品集送付など、本賞に関わる目的のみに利用します。
2013/06/11

作家特集に掲載する評論を募集します!

 

 隔月刊「日本児童文学」では、2014年の3・4月号と11・12月号で作家特集をします。
 誰もが心を洗われるような物語や、ワクワクするようなドラマに出会いたいと思っているのではないでしょうか。
 今回とりあげるそれぞれの作家は、今の時代を生き、さまざまな舞台を設定し、イメージした世界を豊かに紡ぎだしています。
 六人の作家が時代とどう向き合っているのか、また、その魅力はどこにあるのかなどを含めて、斬新な解釈を展開してほしいと願っています。
 
◆取り上げる作家
 
   石井 睦美 魚住 直子 朽木 祥 高橋 秀雄 中脇 初枝 梨木 香歩
 
◆応募規定
 
 上記六人の作家についての評論を募集します。自分が取り上げたい作家を選択して、論考を展開してください。400字詰め原稿用紙換算10枚。縦書き。ワープロ原稿の字詰めは自由ですが、原稿用紙換算枚数を明記してください。一枚目に表題、作者名(ペンネームの場合は、本名も)、住所、電話番号、メールアドレス、年齢を明記。
 
◆締切 2013年10月15日(火)当日消印有効
 
◆発表
 
 入選論文は、2014年の作家特集号に掲載します。
 なお、選考結果は2013年11月末までに協会HPに掲載します。
 入選者には掲載号を2冊献呈し、規定の原稿料をお支払いします。
 掲載にあたっては、書き直しをお願いする場合があります。 
 
◆ 選考委員 本誌編集委員
 
《問い合わせ&応募先》
〒162-0825東京市新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会 「日本児童文学」特集評論募集係
TEL 03-3268-0691
2013/05/17

第1回 新しい(長編)戦争児童文学作品募集

 

 日本児童文学者協会では、創立六〇周年記念出版として、短編と詩による「新しい戦争児童文学」のアンソロジー<おはなしのピースウォーク>全六巻(新日本出版社 06~08年)を刊行しました。今回、残された課題に取り組むべく、協会創立七〇周年に向けて、<おはなしのピースウォーク>を継承、発展させる「新しい<長編>戦争児童文学」を募集します。(参考『日本児童文学』2012年9-10月号 p107)
 
【募集する作品】
 
自作未発表の長編戦争児童文学。(同人誌発表作は可。ただし、原稿の形で提出のこと。)
読者対象は小学校高学年程度。
 
【応募資格】
 
問いません。
 
【原稿規定】
 
400字詰め原稿用紙200~300枚。縦書き。ワープロ原稿の字詰めは自由ですが、原稿用紙換算枚数を明記してください。一枚目に表題、作者名(ペンネームの場合は、本名も)、住所、電話番号、年齢を明記。2、3枚目に800字以内の梗概を付けてください。
 
【出版】
 
入選作を中心に、さらに合評を重ね、出版を目指します。
 
【著作権】
 
入選作については、2014年内は、出版優先権を当会にお預けください。
 
【選考委員】
 
新しい戦争児童文学委員会
(奥山恵・きどのりこ・木村研・西山利佳・はたちよしこ・濱野京子・古田足日・みおちづる)
 
【応募方法 他】
 
応募期間 2013年11月15日~12月15日(当日消印有効)
表紙を含め同じものを四部お送り下さい。応募作品はお返ししません。
 
【発表】
 
選考結果は、2014年5月当会HPにて。経過の詳細は『日本児童文学』2014年7・8月号に掲載。(結果は個々には連絡しません。)
 
◆原稿送り先&問い合わせ先◆
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会『新しい戦争児童文学』委員会
TEL03-3268-0691

 

2013/04/13

第6回 絵本テキスト大賞

のびのび楽しい絵本の世界を!

☆応募には、本年発行の隔月刊「日本児童文学」に掲載されている応募券が必要になります。ご注意ください。
 
 日本児童文学者協会と童心社は、絵本作家の発掘と育成、また新鮮な絵本の出版を目的として、昨年に引き続き絵本テキスト(文章)を募集することになりました。
絵と文ともに、ひとりの作家による絵本と違い、優れた絵本テキストと優れた画家のコラボレーションは、個性の異なる作家の出会いだからこそ、思いもよらない斬新な絵本世界を拓く可能性を秘めています。多くの皆さんからの楽しい力作を、心から期待しています。
 
【募集する作品】
 
 大人と子どもがいっしょに楽しめる、「絵本テキスト(文章)」を募集します。(ト書きとセリフによるシナリオ形式でも通常の創作形式でも可。年令はあくまでも目安です)
(Aグレード) 幼児(3?5歳)から……11見開きを前提にした原稿
(Bグレード) 幼年(6?8歳)から……15見開きを前提にした原稿
 ※「1見開き」─本を開いたとき左右のページを合わせて、1見開きといいます。
 
【応募資格】
 
 プロ、アマ、国籍は問わず。高校生(もしくは同年齢)以上。
 
【応募規定】
 
 日本語でヨコ書きタテ書きは自由。鉛筆書きは不可。パソコン・ワープロによる原稿の字詰めは自由だがA4サイズの用紙を使用のこと。作品は文章のみ。絵は描かないこと。
 作品にはタイトルのみを記入。応募者の名前は書かないでください。
 封筒に(A)か(B)のグレードを朱記。
 作品とは別に作品のタイトル、作者名(ペンネームの場合は本名も)、住所、電話番号、性別、年齢、職業、メールアドレスを記入した紙を1枚同封してください。出版歴がある場合は、タイトル・発行所・発行年を。所属同人誌があればそれも明記してください。
 また当協会発行の隔月刊「日本児童文学」本年発行号に掲載の応募券を切り取り、作者名など書いた紙に必ず添付すること。コピーした応募券や応募券の無い場合は無効です。
 
【出版】
 
 優秀作品は童心社から出版され、規定の印税が払われます。
 
【応募方法など】
 
 募集期間は、2013年4月から6月末日までとする。(消印有効)
 応募の際は、原稿と原稿のコピー4部(合計5部)と、選考結果連絡のためのハガキ(応募者の住所、氏名を書いたもの。絵葉書、封筒は不可)を同封してください。
 応募作品数は、(A)(B)グレード合わせて1人1編のみ。(複数応募は受けつけません)
 応募作品は返却しません。
 
【選考委員】
 
 丘 修三、内田麟太郎、長谷川知子、下園昌彦(童心社)
 
【発表】
 
 応募者には、応募時に同封されたハガキで連絡をする。また、日本児童文学者協会と童心社のホームページ上と、「日本児童文学」2013年11・12月号で発表する。
 
お問い合わせ、作品送付先 
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会「絵本テキスト」係
TEL03-3268-0691  FAX03-3268-0692
(受付締切後の選考期間中、電話やEメールなどでのお問い合わせはご遠慮ください)

 

2013/02/28

第6回 新「童話の海」原稿募集

 

 日本児童文学者協会とポプラ社の共同企画、小学3?4年生向け創作シリーズ『新・童話の海』の原稿を募集いたします。
 この原稿募集は、新しい書き手の発掘を目的としています。
 第1回の募集で入選された『ぼくとあいつのラストラン』(佐々木ひとみ/作 スカイエマ/絵)が第20回椋鳩十児童文学賞を受賞するなど、過去この賞に入選された書き手たちの本も注目されています。
 皆さんの新鮮で、魅力溢れる感覚の力作をお待ちしています。
 生き生きした人間を描いたリアリズム作品や、エンターテインメントとしておもしろい作品、ファンタジーなど、幅広いジャンルのご応募をお待ちしております。
 
《応募要項》
1 応募資格 プロ、アマ、国籍は問わず。高校生(もしくは同年齢)以上。
2 締 切 日 2013年5月末日
3 募集期間 2013年4月1日から5月末日までとする。(消印有効)
4 原稿枚数 400字詰原稿用紙換算 40~60枚
5 原稿には、筆名のほか本名・住所・年齢・職業・また児童文学歴を明記すること。
  なお、原稿の返却には応じかねますので、必ずコピーをお取りください。
  また発表までは、同じ原稿で他の募集に応じることを禁じます。
6 入選作はポプラ社より単行本として刊行し、所定の印税をお支払いいたします。
  入選通知は2013年10月中に、選考委員会よりお知らせします。
  発表は「日本児童文学」11・12月号誌上。
  日本児童文学者協会とポプラ社のホームページでも選考結果を公表します。
7 同人誌、新聞等に発表した作品でも応募できますが、そのままのコピーではなく、
  新たな原稿に設定してお送りください。(誌紙名、発行年月を明記のこと)
8 選考は、下記の選考委員とポプラ社編集部で行います。
  加藤純子・薫くみこ・那須正幹・西本鶏介(50音順、敬称略)
 
◆原稿送り先&問い合わせ先◆
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
日本児童文学者協会『新・童話の海』宛
TEL03-3268-0691
(受付締め切り後の選考期間中、電話やメールなどでのお問い合わせはご遠慮下さい)
2013/02/05

第5回「子どものための感動ノンフィクション大賞」募集

 いま、児童文学の世界ではノンフィクション児童文学の新しい書き手の登場がつよく望まれています。本賞は、その分野での新人作家を見つけ出し、応援していくために、2005年に創設されたものです。ノンフィクション児童文学の出版に実績と熱意を持つ学研教育出版の共催を得て、第4回の募集をおこなうことになりました。第1回の募集では、「サクラ―日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語」が最優秀作品に選ばれました。この作品は、2007年春に学研より出版され、子どもたちに広く読まれています。第2回募集では、優良作品3点が選ばれています。第3回募集では、「発見、発掘、土の中に眠る夢とロマン」が最優秀作品に選ばれ、近く学研教育出版より出版されます。

 2009年度の第3回募集から、もっと多くの方に参加してもらおうと、応募の方法が新しい形に変わりました。下記の応募方法をよくお読みの上ご応募ください。現代の子どもたちが感動し、引きこまれて読む新しいノンフィクション作品の応募をお待ちしています。
 
応募について
 
 1次選考と2次選考、2回の選考によって、入賞者を選ぶ。応募者には、まず規定の作品計画書(ねらい・予定枚数・グレード・題材について、などを記したもの)にあらすじを添えて提出してもらう。1次選考では、その計画書とあらすじを審査して、2次選考に進む作品を選ぶ。1次選考通過者には作品の原稿を執筆してもらい、提出された作品原稿で2次選考をおこなって、入賞者を決定する。
 
■募集作品について
 
対象年齢は、小学校中学年から高学年。題材は、人物ノンフィクション、歴史のできごと、社会のできごと、スポーツ、動物と人間、環境問題、子どもたちの生きる姿など、自由です。子どもたちを引きつける力のこもった作品がのぞましい。
 
■応募資格
 
特に問わない。
 
■賞 (2次選考の結果)
 
・最優秀作品(1点)賞状と賞金30万円 原則として学研より出版される。 出版にあたっては、改作を求める場合がある。
・ 優良作品(2点程度) 賞状と記念品。学研からの出版が検討される。
 
■1次選考応募規定
 
書こうとしているノンフィクション作品の、作品計画書にあらすじ(400字 詰原稿用紙5~6枚)を添えて提出して下さい。その計画書には、作品のねらい・グレード・題材についての情報・取材の予定、などをお書きいただきます。
 
 1次選考応募締め切り 2013年9月30日
 
■ 2次選考について
 
 2013年11月には1次選考通過者を決定して、通過者に連絡の上、作品原稿の執筆(400字詰原稿用紙 約80~120枚)をお願いします。作品原稿の締め切りは2014年5月31日とし、執筆していただいた原稿の2次選考をおこないます。最優秀作品の決定は、2014年7月31日となります。
 
■ 作品計画書の応募について
 
1次選考で応募していただく作品計画書は、所定の用紙をお使いください。 
 
用紙のPDF書類をこちらからダウンロードしてください>>作品計画書
 
(もし、うまくいかない場合は下記までご請求ください)
 
■ 著作権
 
最優秀作品の著作権の扱いは、学研教育出版との出版契約書による。印税については、一定部数以上の発行になった場合、支払われる。
優良作品については、2年間学研教育出版が出版優先権を保有する。
 
■ 選考委員
 
  今西乃子・国松俊英・真鍋和子・山本耕三(学研教育出版)
 
■ 発表
 
1次選考結果 「日本児童文学」2014年3・4月号
2次選考結果 「日本児童文学」2014年11・12月号
 
◆応募についてのお問い合わせ先と応募先◆
 
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-38 中島ビル502
日本児童文学者協会
「子どものための感動ノンフィクション大賞」係
TEL 03-3268-0691 FAX 03-3268-0692

 

2013/02/05
一般社団法人 日本児童文学者協会

〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6-38中島ビル502
TEL 03-3268-0691 / FAX 03-3268-0692
E-mail zb@jibunkyo.or.jp